様々な「ありえない!」の英語表現・フレーズ7選


こんにちは、新入社員のKuniyoshiです。

海外に出て1年ちょっと経つと、外国人の友達もできます。

日常会話くらいはできると言っても、会話の中でのリアクションの数が少ないことに気づきます。

意外と、伝えたいことは伝えられるようになっても、相手の話を聞いた時のリアクションの手数が少ないと、盛り上がる会話もそれほど…ということが起こることも。

ということで、今回は、驚きのリアクション、「ありえない!」の英語表現をご紹介します。

 

様々な「ありえない!」の英語表現・フレーズ

that’s impossible

「不可能」という意味から、「ありえない」「あるはずがない」という表現で使われます。

ありえないよ、と言う時に自然に使われる表現です。

 

No way!

「まさか!」や「そんな!」という意味でよく使われる、「ありえない」の英語表現です。

基本的に、「絶対にダメだ」という意味で使われますが、なにかありえないことが起きたときに、「信じられない」というニュアンスを含んで使われます。

ネイティブがよく使っているのを聞きます。

 

Never!

こちらも、「絶対にない」という意味の単語で、「信じられない」「そんなはずはない」「ありえない」と表現することができます。

相手が取った行動に対して、「ありえない」と否定するときにも使えるフレーズなので、覚えておくと便利です。

 

I can’t believe it

こちらも、「信じられない!」という意味の「ありえない」という英語表現です。

また、「I can’t believe my eyes」で「目を疑う」、「I can’t believe my ears」で「耳を疑う」というフレーズを作ることができます。

このフレーズは、ポジティブなことにも、ネガティブなことにも使えるふれーず なので、覚えておくと便利です。

 

It can’t be

「そんなことあるはずがない」という意味のフレーズです。

注意したいのは、「can」と「can’t」の発音の聞き分けです。

ネイティブが言うと、「canもcan’tも同じように聞こえる」という方が多いです。

「It can’t be」が「It can be」になってしまうと、「ありえない」から、「あるかもしれない」と、意味が全然違うものになってしまいます。

ポイントは、「I can」の場合、「I」が強調され、「I can’t」の場合は、「can’t」が強調されます。

自分が言う場合も、どこで強調するか気をつけると、伝わるようになります。

 

I don’t buy it

疑っている場合の「ありえないよ」は、このフレーズを使うことができます。

うますぎる話、怪しい話に対して、「ありえないよ/信じないよ」と言いたい場合に使うことができます。

 

What the heck

「ありえない」ことが起きた時にネイティブがよく使うスラング的な表現です。

「What the f**k」よりも綺麗な表現なので、「What the F**k」と言いそうになったときは、グッとこらえて、「What the heck」と言いましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

話を盛り上げるのって、リアクションが大切なことが多いです。

今回紹介した「ありえない!」の英語フレーズを覚えて、是非、ネイティブとの会話で使ってみて下さい!

english-banner