「職種」を英語で表現してみよう!自分の仕事を英語で説明できますか?


海外の方と自己紹介し合うとき、まず話題にしやすいのが仕事のことですよね。

ところが、あなたは英語での「業種・部署・職種」の言い方をどのくらい知っているでしょうか?

ドクター、ティーチャーなどのように、日本語でもそのまま使っていることばであればわかるものも多いでしょうが、文化が違うために、英語で表現しにくい仕事もあります。

単語で明確に表現するのが難しければ、文章で少しずつ説明する必要があるでしょう。今回は、そんな「仕事」についての話をスムーズに進められるように、英語での表現方法をまとめてみたいと思います。

 

まずは「仕事」についての英会話テンプレートをマスター!

仕事についての典型的な会話テンプレートをいくつかご紹介します。

仕事について聞く

職業を聞く場合

What do you do for living? (仕事はなんですか。)
What’s your occupation? (職業はなんですか。)

 

職種を聞く場合

What kind of work do you do? (どんな種類のお仕事ですか。)
What department do you work in? (どんな部署で働いてますか。)

 

アルバイトを聞く場合

Do you work part-time? (バイトをしていますか。)

②仕事について答える・説明する
*「私は~です」
I am ~.
*「私は~に勤めています」
I work in ~. / I work for ~. / I work at ~.
*「私は~を経営しています」
I run ~.
*「私は~を担当しています」
I’m in charge of~.  / I’m responsible for~. / I deal with~.

 

分野別!仕事を表す英単語

まずは、英単語で表現できる仕事について見ていきましょう。日本では耳慣れないものを中心にご紹介します。

法曹関係

検察官 public prosecutor

司法書士 judicial scrivener

弁理士 patent attorney

 

教育関係

校長 principal

教頭 vice‐principal

養護教諭 school nurse

用務員 janitor

保育士 childcare worker

職業訓練指導員 vocational training instructor

 

行政関係

政治家 statesman / politician

代議士 member of the Diet

行政書士 administrative scrivener

外交官 diplomat

公務員 civil servant

市職員 municipal officer

社会福祉士 caseworker/social welfare counselor

 

金融関係

会計士 accountant

税理士 tax accountant

銀行員 bank clerk
※bankerは銀行家。つまり銀行の経営者を表します。

投資家 speculator

 

建築・不動産関係

測量士 surveyor

左官 plasterer

不動産鑑定士 real estate appraiser

現場作業員 site worker

測量士 registered surveyor

鳶職人 scaffold constructor

配管工 plumber

家具職人 furniture upholsterer

 

食品販売/生産関係

菓子職人 confectioner/patissier

パン職人 baker

栄養士 dietician

酪農家dairy farmer

 

医療関係

外科医 surgeon

内科医 physician

精神科医 psychiatrist

獣医師 veterinarian

理学療法士 Physical Therapist

 

航空関係

整備士 mechanic
※飛行機の整備士はairplane mechanic、自動車の整備士はcar mechanicと呼びます。

 

どれにも属しない“会社員”ってどうしたらいいの?

英語には日本語のような「会社員」という単語はありません。

会社員の場合は社名だけでなく、部署名や、どんな仕事をしているかなどまで説明すると、より分かりやすく説明できます。

<例文>

I work in the automotive manufacturing company and I’m in charge of accounting.
(私は自動車メーカーで働いていて、経理を担当しています。)

I work for the automotive manufacturing company and I belong to the accounting department.
(私は自動車メーカーで働いていて、経理部に所属しています。)

I am working in the financial department of the automotive manufacturing company.
(私は自動車メーカーの経理部門で働いています。)

はじめに会話テンプレートでご説明したセンテンスを用いれば、さまざまな表現ができますね。自分の属する企業がなにをしている会社か、ということと自分がどの部署(職種)に所属しているかが説明できれば、「会社員」だということを説明することができます。

ここで、業種・部署・職種の主だった表現方法について見ておきましょう。

Author Profile

Midori
Midori
九州大学経済学部卒業後、金融機関の営業職に従事。結婚を機に退職し、現在はフリーライターとして活動中。イギリスへの短期留学やNY一人旅の経験をもとに、英語学習や旅行関連の記事を執筆している。
Twitter