プログラミング独学の初心者が気をつけるべきたった1つのこと


プログラミングが最近アツい、という記事を先日アップしましたが、実際に「プログラミングを始めたい」というプログラミング初心者の方へ、何から始めればいいのか書きたいと思います。

今回は、「どんな勉強を」だけで無く、プログラミング学習を始める上で「初心者が気をつけるべきこと」もご紹介していきます。

 

独学でプログラミング学習を始める初心者が気をつけるべきこと

独学でこれからプログラミングを初めたいと考えているという方も最近多く聞きます。そんな方が気をつけるべきことをご紹介します。

ちょこっとプログラミングを知っている方にとっては、超初歩的なこともあるかもしれませんが、私がプログラミングを始めたときに実際に引っかかった部分と、乗り越えた方法を書きます。

モチベーション維持

独学でプログラミングを始める、という方に最初に立ちはだかる高い壁の1つです。

もしあなたが、「あまりパソコンで仕事をしたことがない」という方であれば、なおさらモチベーション維持が難しくなることでしょう。

理由として、「つまずく回数が多い」というものが挙げられます。

まず、プログラミングには、開発環境が必要であることです。開発環境とは、プログラミングをするためのツールや、自分のPCの、その他もろもろ設定を整えることです。意外とこれがパソコンに慣れていない人からすると大変です。ですが、開発環境がなければコードを書けないので、スタートラインにすら立てません。(web上でプログラミング学習ができるサービスが最近増えてきました、後に紹介します。)

「開発環境ってどうやって整えればいいの?」とググっても、説明されているサイトの文章にカタカナが多すぎて意味がわからない、いちいちその単語をググって…という作業が大変で、プログラミング前に挫折を一度経験する方も多いです。

2つめに、プログラミング自体が「エラーと格闘する時間」が8割であること。プログラミングの8割の時間がエラーを解決する時間となるのです。プログラミングが出来る人でも同じです。ただ、ケーススタディで、コードを書けば書くほど、エラー解決に必要な時間はどんどん少くなっていくでしょう。

 

モチベーション維持に効果的なこととは?

目標を明確にもつことと、仲間を見つけること、できれば人に聞ける環境があると良いでしょう。

目標を明確にすることは大切です。

例えば、「自分のwebサイトを作りたい」や「自分でゲームをリリースする」など、明確な目標を立てることで、自分が学ぶべき道のりが見えてきます。

明確な目標がないままにプログラミングを漠然と学習していても、何から手をつけていいかわからなくなってしまいます。

というのも、プログラミングには8000以上の言語があります。作りたいもの、やりたいことに合わせて、言語を選ぶ必要があるのです。

私の周りのエンジニアでも、「エンジニアになりたい」とプログラミングを始めた人よりも、「〇〇を作りたい」や、「会社で無茶振りされて、仕方なくやり始めた」といった、明確なゴール設定があって学習を始めた、という方が多いです。

 

また、仲間を見つけることも効果的と言えるでしょう。

すべての学習や、スポーツの練習にも言えることですが、ライバルや仲間がいるということは、良いことです。同じレベルもしくは、自分よりちょっとプログラミングが出来る知り合いや友達が周りにいると良いです。

切磋琢磨し、追いつけ追い越せで学習にも熱が入ります。また、自分の知らない情報を知れる機会にもなります。

 

できれば、人に聞ける環境があると、学習効率は高まるでしょう。

もちろん、「それくらいググれ」というような内容を聞くわけではありませんが、どうしても解決できない部分、新しい技術について、など、先輩エンジニアに聞ける環境があると、モチベーション維持に繋がりますし、その人が1つのゴールにもなります。

 

ちなみに、私の場合のモチベーション維持は、知り合いのフリーランスエンジニアから聞いたwebデザイン案件のギャラでした。

お金は強い動機になりますね。

 

プログラミング初心者がまず始めること

プログラミングをこれから始める!という初心者がまず初めにやるべきことをご紹介します。

1.パソコン買う

パソコン買いましょう。パソコンが無いとなんにもなりません。ケチらず、自己投資だと思って良いスペックのものを買いましょう。

オススメはAppleのMacbook proです。初心者であれば、Macの方が操作性がよく、Windowsもインストールできます。

また、iPhoneアプリを作ってみたい!という方はWindowsでは開発できません。

なにはともあれパソコンを買いましょう。話はそれからです。

 

2.目標設定

先述の、「目標を明確に」というヤツです。

自分が作りたいもの、何がしたいのか、どうなりたいのか、を明確に持ちましょう。「エンジニアになりたい!」では弱い目標です。せめて、「どの会社でエンジニアとして働きたい」というところまで落とし込みましょう。

目標が明確であればあるほど、道のりが明確に見えてくるので、最短距離で学習を進めることができます。挫折のリスクも減らすことができます。

 

3.言語選び

目標が明確になりましたか?

では、その目標達成に必要なプログラミング言語を学習しましょう。

プログラミングと一口に言っても、範囲は広く、言語も様々です。

例えば、「iPhoneアプリを作る」のが目標であれば「Swift」という言語を、「Webサイトを作りたい」のであれば初めは「HTMLとCSS」という言語を学ぶと良いでしょう。

自分の作りたいものや、目標別に学ぶべき言語は、こちらで見つけることができます。

外部サイト:「【初心者必見】2017年7月の最新比較!プログラミング言語ランキングTOP10」

 

独学で学習する人におすすめの学習アプリ

さて、パソコンも買って、目標も決め、言語も決めたら、学習を早速初めたいところでしょう。

そんなあなたにオススメしたい、プログラミング初心者にオススメの学習アプリをご紹介します。

 

Swift学習アプリ・サービス

Swiftとは、Appleデバイス(iPhoneやiPadなど)用のアプリを開発するための、プログラミング言語です。開発には、Appleが提供している開発用ツールXcodeをダウンロードする必要があります。

Swift Playgrounds

Screen-Shot-2016-07-28-at-12.53.07-AM-e1469681376119

https://itunes.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewSoftware?id=908519492&mt=8&ls=1

Swiftを学べるiPad用のアプリケーションで、立体的なステージ上のキャラクターをSwiftで書いた指示で動かして、課題をクリアしていくゲームです。

Appleが作ったアプリケーションで、”プログラミングをこれから学び始める学生や生徒のみなさんにぴったり”と公式サイトが発表しています。

20161016_yohiro_swiftplaygrounds_05_588x

内容も、基礎的な部分なので、全く初めての方から始めることができます。
Swiftを開発したAppleが開発した学習アプリなので、公式という安心感があります。

 

ドットインストール

ドットインストール
http://dotinstall.com/
ドットインストールは、プログラミング学習では定番のサービスです。
3分動画を見て学習するサービスで、入門編までは無料で見ることができます。(その先は月額制)
Swift(iOS)の他にも、HTMLやCSS、JavaScript、PHP、Androidなど、様々な言語を学習できます。

実際にプログラミングすることに焦点を置いていて、いち早く書いてみたい!という方にはオススメの学習サービスです。

 

Progate

20150605_1https://prog-8.com/lessons/swift/study/1
Progateは、レベルアップ制のレッスンで、ゲーム感覚でプログラミングを学べる学習サービスです。単なる解説だけでなく、解説用のスライドと、実際にコードを打ち込む演習があるので、知識を得た後、すぐに実践できます。
本を読んでの学習は苦手だ、という方にもオススメできるサービスです。

 

HTML、CSS学習アプリ・サービス

HTML、CSSは、webサイトの見た目を作るプログラミング言語で、webデザイナーには必須の言語です。

Schoo

スクリーンショット 2017-04-19 11.54.00

http://media.tech-salon.com

プログラミングから、ビジネススキルまで、業界大手企業や、専門領域の第一線で活躍するプロフェッショナルが登壇する動画授業で学べます。

 

SKILLHUB

スクリーンショット 2015-09-17 22.40.09

就職・転職やフリーランス、起業家になるために学ぼう! [Skillhub (スキルハブ)]

3,000人近くが受講しているHTML講座。

初心者向けの授業で、実際に書くところまでサポートしてくれています。
HTMLだけではありませんが、入門講座は無料で受けられるので、コスパ良く学べます。

 

 

Codecademy

スクリーンショット 2015-09-17 22.39.51

https://www.codecademy.com/

英語のサービスですが、種類の豊富さは日本の学習サービスを上回る充実さです。

HTMLの入門授業はもちろんですが、実際にサイトを作るところまで、幅広く学ぶことができます。
コードを書きながら学ぶので、英語がわからない人でも進めやすい内容になっています。

 

ShareWIS

ShareWIS-620x384

https://share-wis.com/

HTMLを短い動画で学ぶ、隙間時間を利用した学習が可能です。
動画の最後にはクイズがあり、しっかり理解してから先に進むことができます。

 

CODEPREP

CodePrep-620x268

https://codeprep.jp/

アプリ開発を通してプログラミングを学びます。
HTMLの学習では、穴埋め問題で、実際のコードの動きを確認できます。

HTMLの知識が少しあって、手を動かしながら学習したい方におすすめです。

 

paiza

http://paiza.jp
paizaには、オンラインでプログラミング学習ができる、paiza動画ラーニングという無料コンテンツがあります。

対応言語もどんどん追加される予定になっています。
プログラミング初心者も、動画レッスンや、ブラウザ上でコードを実行出来るオンライン実行環境、練習問題で、無理なく学習を続けられます。

 

まとめ

いかがでしたか

プログラミングを初めたいという初心者は、早速パソコンを買いに出かけましょう。

もう持っているという方、目標設定と、その目標から逆算した言語を選びましょう。

また、挫折してしまった、出来るようになる環境が欲しい、という方は、エンジニア留学を選択肢に入れてみてください。

3ヶ月でプログラミング出来るようにします。

 

NexSeedのエンジニア留学について詳しく知りたい方はこちら