英語で履歴書を書く!【これさえ押さえれば大丈夫】

英文履歴書の作成を求められたとき、どのように書いていけばいいか迷ってしまいますよね。「日本の履歴書を英語に直すだけでいいの?」「どうしたら魅力的な履歴書に見える?」「そもそもフォーマットって日本と同じもので大丈夫?」など、悩みは尽きません。

履歴書は英語で”resume”と言い、あなたの歩んできた経歴や人となりを伝える大切な役割を果たします。読んだ人が「一度会ってみたい!」と思ってくれるような素敵な英文履歴書を作っていきましょう♪

 

決まったフォーマットは無い!カバーレターとセットでアピールを

日本にはJIS規格の履歴書フォーマットがあり、多くのケースでそれが用いられます。みなさんも一度は目にしたことがあるはずです。

しかし英文履歴書にはそもそも決まったフォーマットはありません。作成に慣れていない日本人からすると一体何を書けばよいのやら途方に暮れてしまいますが、見方を変えれば、自分のアピールしたい部分についてしっかり書き込むことができるのであなたの長所をたっぷりと伝えられるということになります。

さて、もう一つのポイントとして英文履歴書にはカバーレター(送付状)を添えるのが一般的とされています。つまり、読む側は履歴書とカバーレターをセットで見て、あなたについて知ることになります。

送付状、と聞くと日本でよく目にする「書類送付のご案内」のようなものを想像しがちですが、英文履歴書に添えるカバーレターは自己PRの大切な一要素です。それでは、カバーレターと英文履歴書それぞれにどういった内容を盛り込めばよいのかご紹介してまいりましょう。

〇カバーレター

・氏名、連絡先、日付

・応募先住所、担当者名

・希望職種

・志望理由

・自己アピール

・面接を希望する旨と感謝の言葉

 

〇英文履歴書

・氏名、連絡先(PERSONAL INFORMATION)

・履歴書送付の目的(OBJECTIVE)

・学歴、職歴(EDUCATION/WORK HISTORY)

・資格、技能(Licenses and Certifications/QUALIFICATIONS)

・紹介状(推薦状)について(REFERENCE)

カバーレターは、こうして見ると日本のエントリーシートのような役割を果たしているんですね。英文履歴書の方は事実の羅列ですっきりとまとめて、カバーレターに思いをしたためるようにしましょう。

 

紹介状って必要なの?

英文履歴書の最後の項目で「紹介状(推薦状)」と書かせていただきました。ご存知の方も多いかもしれませんが、欧米では周りからの紹介状によって相手を見極める文化があります。紹介状を必要とする場面には以下のようなものがあります。

・進学、留学

・就職活動、インターンシップ

・昇進

・不動産契約

・養子縁組

海外ドラマ「フレンズ」では、モニカとチャンドラーが養子縁組会社に出す推薦状をジョーイに書かせた結果、支離滅裂な文章(しかも落書き付き)のものを勝手に郵送されてしまい慌てるシーンが出てきますね。映画「プラダを着た悪魔」でも、鬼上司ミランダが主人公アンディの転職先に”If you don’t hire her, you’re an idiot.(彼女を採用しなかったら、あなたは馬鹿だわ。)”と強く推薦するFAXを送るシーンがあります。

人となりを知るには、その周りにいる信用のおける人に聞くのが一番!ということなのでしょうね。就職活動の際の紹介状は、たいてい名誉ある大学教授に頼むケースが多いようです。

ただ、海外での就職活動の場合は特に、紹介状を書いてくれる人が周りにいるとは限りません。履歴書送付段階で紹介状が無い場合は、”Available upon request.(必要であれば手配します。)”と記載しておきましょう。

 

英文履歴書で使われる英単語をチェック♪

A4サイズのペーパー1枚であなたについてポジティブな印象を抱かせるためには、使う単語一つ一つにも注意を払う必要があります。誇大表現にならないように謙虚でありつつ、自分の個性はしっかりとアピールできるような言葉選びをしましょう。

〇実績を説明するとき効果的な動詞

coordinate(調整する)/organize(組織する)/create(考案する)/design(立案する)/direct(指揮する)/train(訓練する)/promote(促進する)/administer(担当する)/negotiate(交渉する)/assemble(取り仕切る))/collaborate(共同研究する)/perform(やり遂げる)/initiate(導入する)

 

〇自己PRに使える形容詞

reliable(責任感がある)/cooperative(協調性がある)/flexible(柔軟な)/quick(迅速な)/experienced(熟練した)/outstanding(卓越した)

 

もうひと手間!採用担当の目に留まる英文履歴書にするために

英文履歴書は、その書類だけで面接にこぎつけるかどうかが決まるという意味で、ほかのビジネス文書とは違った特殊なものです。それだけに、ネイティブの方々が作る履歴書は個性あふれるものが多いのだそうです。

映画「キューティー・ブロンド」では、リース・ウィザースプーン扮する主人公が、弁護士のインターンシップに応募する際の履歴書に、香り付きのピンクの履歴書を提出して教授を驚かせるというシーンがあります。苦々しい顔で履歴書に鼻を近づける教授の顔が印象的な、コメディ要素満載のシーンです。

さて、このように色・香り付きの履歴書やイラスト付きの履歴書などは、悪目立ちしてしまう可能性もありますのであまりおすすめできませんが、このほかにもぱっと目を引く履歴書にするテクニックがありますのでご紹介させていただきます。

・履歴書の項目を入れ替える

学歴に自信がない・職歴が短いなどの事情がある方におすすめしたいテクニックです。「QUALIFICATIONS(技能)」の欄を一番上に持ってきて目を引くようにします。

・顔写真を入れる

日本の履歴書では写真付きが一般的ですが、英文履歴書では必ずしも写真の貼付は求められません。たくさんの履歴書の中で目を引くためのテクニックとして貼ってみてはいかがでしょうか。ただし、アメリカでは容姿による就活差別が起きないよう写真を貼らないことを推奨している企業もあるそうですので、提出先の企業によっては控えた方がいいケースもあります。

 

まとめ

いかがでしたか?英語で履歴書を書くときのポイントをご紹介してまいりました。海外や外資系企業で働く最初のステップになる英文履歴書は、あなたの人となりを採用担当にアピールして最適なマッチングの企業を探すための大切な書類です。

今回ご紹介したことも参考にしながら、あなたオリジナルの素敵な履歴書を作ってみてくださいね♪

Author Profile

Midori
Midori
高校時代にイギリス留学、大学~社会人時代に2度のNY滞在を経験。大学時代には留学生チューターとして海外留学生の支援に関わる。
現在のTOEICスコア875点(リスニング満点)。海外ドラマや洋画のセリフから英会話を学ぶ記事を多数執筆。
Twitter