これを覚えれば怖くない!セブ島暮らしでよく使う英語集


IMG_1586

こんにちは。NexSeedでインターンシップをしているえーたです。

これからセブ島に来られる方は「ちゃんと生活できるかな…」といった不安を抱えていると思います。実際ぼくも不安だらけで、はじめはタクシーすらもろくに捕まえられず、わからないことだらけで大変でした。約3ヶ月が経過した今では楽しく暮らしています。

そこで今回は、セブ島での暮らしでよく使う英語をシーン別にまとめてみました!英語の勉強がてら、渡航前の予行演習としてお役立てください。


 

タクシーにて

Do you have change for ◯◯pesos ? (おつりを持っていますか?)

セブ島では、ドライバーが少額のおつりしか持っていないことがあります。ペソ札や1,000ペソ札など、大きいお金しか持っていない場合は、おつりの有無を確認してからタクシーに乗りましょう。お金を見せながら「Do you have change for this?」と聞くこともできますが、見せない方が無難です(ひったくられることを防ぎます)。

 

Can we use meter ? (メーターを使って下さい。)

セブ島ではめったにありませんが、メーターを使わずに高額な請求をしてくるドライバーがいます。念のため、タクシーに乗る際はメーターが動いているかどうかを確認しましょう。もし動いてなかったらこのセリフを使いましょう。

 

You lack change. It should be ◯◯pesos.(おつりが足りません。◯◯ペソなはずです。)

まれにおつりをごまかそうとしてくるドライバーもいます(ぼくも一度だけ経験があります)。おつりをもらう時は、足りているかをきちんと確認しましょう。

 

飲食店にて

May I see(have) the menu again ?(メニューをもらえますか?)

飲食店で、いちど注文をした後にもういちど注文をしたいこと、よくありますよね。そんなときはこのセリフをいいましょう。

 

May I have service water please ?(サービスウォーターを下さい)

セブ島の飲食店は日本と違い、基本的に水が出てきません。販売している水は「ミネラルウォーター」もしくは、「Bottled Water」飲食店で無料で出してもらうものは「サービスウォーター」と呼びます。

 

How does it taste ?(これはどんな味がしますか?)

Is it spicy ?(これの味は辛いですか?)

Do you like it ?(あなたはこれが好きですか?)

海外での食事となると、どんな味がするのかとても気になるところ。またぼくは辛いものが苦手なため、ちょっとでも辛そうに見えたら確認をしています。「How does it taste ?」と聞いたあとに「Do you like it ?」といった風に続けるとより自然です。「これはどんな味?あなたは好き?」といったニュアンスになります。

 

Do you have any bathroom tissue available ? (トイレットペーパーはありますか?)

セブ島では飲食店のトイレにトイレットペーパーが設置されていないことがあります。腹痛でトイレに駆け込んだはいいものの、紙がないといったピンチを招くことも。お腹の調子がよくない日はトイレットペーパーを持ち歩きましょう(セブ島民の間ではトイレットペーパーを持ち歩くのが常識になっています)。

※Toilet paperという表現でも通じますが、bathroom tissueの方が丁寧です。

 

ジプニーにて

ジプニーは、乗り合いバスのようなローカルな乗り物です。地元民たちの多くはこれに乗って移動しています。ジプニーを利用する際は、スリなどに十分お気をつけ下さい。乗り方についてはこちらのサイト(俺のセブ島留学)が参考になります。

 

Do you know which jeepny goes(passes) to  ◯◯ ?(どのジプニーに乗れば◯◯へいけますか?)

初めての土地では、どの乗り物がどこに行くのかよくわかりませんよね。そんな時は運転手や案内係(ショッピングモールなどのターミナルには案内係がいます)に行き先を聞きましょう。おりたい場所で止まらなく(通過する)ても降りられるので「passes(通過しますか?)」と聞く方法もあります。

 

Did we pass ◯◯ yet ? (◯◯はもう通り過ぎたましたか?)

Are we almost near ◯◯ ?(◯◯にはもうすぐ到着しますか?)

セブ島のジプニーでは、日本のバスや電車のようなアナウンスがないため自分で降りる場所を見て覚える必要があります。慣れるまではタクシーを使い、道を覚えてからジプニーに乗ることをおすすめします。念のための確認をしたい時は、運転手や同乗者に上のような質問をしましょう(※まれに、運転手は到着しても教えてくれないことがあります)。

 

How much is the fare from ◯◯ to △△ ? (運賃はいくらですか?)

◯◯は現在位置、△△には行き先が入ります。ジプニーの運賃は大体7~8(約25円)ペソで、距離が長くなると9~10(約30円)ペソになります(境目はよく分かりません)。ジプニーに乗る際は、かならず小銭の用意をしておきましょう。

 

バイクタクシーにて

バイクタクシーは、その名の通り、タクシーのバイク版です。ライダーの後ろに乗って、目的地まで送ってもらいます。地元民の人がよく利用していますが、日本の方はあまり利用していません。

 

How much is the fare to get to ◯◯(ここ(目的地)までの運賃はいくらですか?)

Oh, It’s too expensive! (いや、それは高いでしょう!)

セブシティのバイクタクシー運転手は、積極的に話しかけてきます。道を歩いていたり、ショッピングモールの前を通ったりすると「へい!乗らないかい!」といったノリで「Bike? Bike?」「where will you go?」と聞いてきます。

たいていはちょっと高めに言ってくるので「それは高い」と言えるようにしておくと便利です。相場は徒歩10分圏内であれば15~20ペソ(45〜60円)くらいです。あまりにも高い金額を言われたら、はっきりと断りましょう(ぼくはいちど「60ペソだ!(約180円)」と言い張るライダーに出会ったことがあります)。

 

No, thanks. じゃあ、やめておきます。)

I’m okay never mind , I will look for another bike. (他のバイクを探すのでけっこうです)

「never mind」という表現は「けっこうです」といった意思表示を強調するものです。「I’m okay」だけでは「乗るの?」といった風に近寄ってくることがあります。日本語で言うと「大丈夫です」といって「なにが大丈夫なの?」といった食い違いがおこるような感覚です。


※実はバイクタクシーは会社ではなく、個人が勝手にやっているのだそうです。交通量が増えてきて、気づいたらバイクに人を乗せてお金をもらっている人が現れはじめたそうです(NexSeedの先生談)。

 

最後に

初めての土地では食事する場所と移動手段を把握することでひと安心できます。「どこに行けば食事ができる?」「そこへはどうやって移動したら行ける?」といった問題ですね(NexSeedの寮からは徒歩圏内で生活が成り立つので心配はありません)。優先順位としては、まずはタクシーでのフレーズを覚えることをおすすめします。フィリピン・セブ島での生活に不慣れな方は主にタクシーで移動するためです。

知らない土地を旅する場合は旅の指さし会話帳という便利な本もあります。しかしそれを手に持った状態で歩いていると、明らかに初心者だとわかるので気をつけましょう。スリに狙われたり、ぼったくられたりする可能性があります(セブ島はフィリピンの中では治安がよく、日中は基本的に安全です)。

セブ島では簡単な英語が話せれば問題なく生活できますから、あまり心配をしなくても大丈夫です。日常英会話もままならないぼくでも2週間程度で慣れました。

ではでは快適なセブ島ライフをお過ごしください!

 

記事下バナー英語用 のコピー

Author Profile

佐藤英太
佐藤英太
新潟県出身の放浪系フリーライター。大学を卒業後は木工職人を目指していたが急遽ライターに転身。岐阜・長野・新潟・高知・セブ島と各地を転々としながら、主に暮らしや旅の記事を執筆している。2015年4月〜9月の半年間、Nexseedでライターインターン生として活動。

掲載実績:
未来住まい方会議
Travel.jp たびねす
いなかマガジン
ブログ:放浪系フリーライターの日常