「やばい」「マジで」学校では習わない英語表現


「やばい」や、「マジで」の英語表現、学校で習いましたか?ほとんどの方が習ったこと無いのではないでしょうか。

普段日本で生活していて、そういう言葉、たくさん使いますよね。

でも、そのような言葉(俗語)の特徴は、意味が1つだけじゃない場合が多いこと。なので、ぴったり合う英語表現がなかなか見つからず、困ることも多いのです。

そんな方の為に、今回は、「やばい」「マジで」など、学校では習わないような英語表現をご紹介していきます。

 

「やばい」の英語表現

まずは、「やばい」の英語表現について、様々なシチュエーション別でご紹介していきます。

もはや、多すぎて把握できません。やばいです。

困ったときに使う「やばい」の英語表現

例えば、「明日が提出期限の宿題がまだ出来ていないとき」「道に迷った」「財布を落とした」など、ネガティブな場合に使う、「やばい」の表現をご紹介します。

Oh my god!

みなさんおなじみの感嘆詞です。

「やばっ」というタイミングでよく耳にします。

メッセージ上ではよく、「OMG」と略されています。

 

Damn

こちらも、日本語の「やばい」の使い方にかなり近いです。ポジティブなタイミングで使われることもあります。

使うタイミングとしては、「困ったとき」「驚いたとき」「非難するとき」「怒るとき」「強調する」など。

「やばい」や、「くそっ」「ちくしょう」というような意味です。

ちなみに、「Damn」の「n」は発音しません。

 

I am freaking out!

こちらも、「困ったとき」「驚いたとき」「怒っているとき」などに使う「やばい」に近いフレーズです。

例えば、パニックになってしまったとき、「やばいやばい」といいますよね。「I’m freaking out」と言えば伝わります。

また、絶叫マシンに乗った時なども使えるので、こちらも日本語の「やばい」に近いフレーズと言えるでしょう。

大きく感情を揺さぶられたときに使えるフレーズです。

 

I messed up

「ひどいな」や「大変だな」という意味で使えるフレーズです。

相手が何か悪い報告をしてきた、という場合に「That’s messed up」と返すと、「ひどいな」というニュアンスが伝わります。

また、飲み過ぎなどでベロンベロンになっている、という場合にも「messed up」を使って、「I’m kind of messed up at the moment」と表現することができます。

 

最高!という場合に使える「やばい」の英語表現

次は、ポジティブな場合に使う、「やばい」の英語表現です。

Oh my god!

本日2度目の登場。「Oh my god」です。

ポジティブな「やばい」の場合も、「Oh my god」を使うことができます。

例:Oh my god.She is so hot「やばい、あの子めっちゃセクシー」

 

Awesome

「すげぇ」「最高」という意味でよく使われます。

「That’s awesome/それやばいね」(いい意味で)のような感じです。

 

Badass

「すげぇ」「最高」という意味でよく使われるスラングです。

「You’re badass」と言われたら褒め言葉です。

 

Sick

「すげぇ」という意味でよく使われるスラングです。

「Awesome」と似た使われ方です。

 

Rock

こちらも、「最高」という意味で使われるスラングです。

「You totally rocks/君最高だよ」という使われ方です。

 

「マジで」の英語表現

次は、「マジで」の英語表現です。

こちらも、シチュエーション別にご紹介します。