【セブ島留学はこんな感じ】〜NexSeed での留学生活をご紹介〜

IMG_2782

留学を検討している方にとって「実際にどんな生活を送るのか?」ということはとても気になるポイント。調べてみても、学校のHPだけでは見えにくい部分もあるかと思います。

そこで今回はエンジニア留学を受講されていた柴田さんに、英語やプログラミング授業の様子、どのような留学生活を送っていたのかをお伺いしました!

1日の流れ(登校〜就寝まで)に沿って、柴田さんの受講された授業やその感想を紹介していきます。留学を検討されている方のお役に立てましたら幸いです。

 

ジプニーで登校

8時出発 or 8時30出発のジプニーで学校に向かいます(出発の写真)。
IMGP0582

 

 

授業開始(9am~)

午前中の授業は9時から始まります。1コマ50分、休憩10分となります。以下に、柴田さんが受講されていた授業とその感想を紹介していきます。
IMG_2883

pronunciation

pronunciationは「正しい発音の仕方」を学習するカリキュラム。NexSeedではアメリカンEnglishの発音を子音・母音に分けて学びます。詩を読んだり、歌を歌ったり、ナレーションをしたり、さまざまな場面で発音の定着がするように練習をします。

感想
”ネイティブの人たちがどのように英語を発音しているのかのルールについて学べるこの授業は非常に有益でした。物語を、感情を込めて読みきかせたり、歌を歌ったりするプレゼンテーションを経験しました。自分の英語を日本人やフィリピン人、台湾人の前で発表するということは、自分の英語に対して客観的な意見を得られる絶好の機会でした。”

 

Business English

Business Englishでは、業界を問わずビジネスシーンごとによく使われる英語を学びます。電話の受け取り方、プレゼンテーションの仕方(営業や上司への提案)などを学ぶことができます。順を追ってスキルを獲得していく感覚です。

感想
”日常では使わない分とても難しかったですが、非常に実践的な内容でした。ビジネス英語にも精通している先生がいるため、海外で将来働きたいという目標がある人たちにとっては非常に有益になると思います。この授業でもプレゼンテーションの機会があり、いいアウトプットの練習にもなりました。”

 

IntractiveEnglish

IntaractiveEnglish では、社会問題から身の回りのこと最近のニュースなどを英語で議論します。英語の瞬発力を鍛えることが目的です。

感想
“この授業を通して、自分の意見を相手に伝えきる姿勢を得たと思います。英語ができないことを言い訳にせず、知っている単語をつなげるだけで、相手は理解してくれようとします。お互いに何を思っているのかを知ろうとするという歩み寄りの姿勢が英語よりも何よりも大切ということを実感しました。”

 

お昼ご飯(12pm〜)

お昼には、カンティーン(簡易食堂)の方々が来てくれます。またビルの1階には、ポータルという食堂もあります。先生同士が楽しくおしゃべりしたり、生徒と先生がおしゃべりしたりしています。
lunch_teachers2

 

授業再開(1pm~)

エンジニア留学を受講されている方は、1日のうちの半分はプログラミングの授業(授業は日本語で行います)となります。エンジニア留学にはiPhoneアプリ開発コース・WEBサービス開発コースとがあります。
IMGP0706

iPhoneアプリ開発コース

プログラミング言語「Objective-C」を学びます。Objective-CはiPhoneアプリの開発に用いられている言語で、iPhoneやiPadの人気に伴いプログラマの需要はどんどん高まっています。このコースではiPhoneアプリを0から自分の手で開発するスキルを身につけます。

Webサービス開発コース

初心者から新たにエンジニアとしての道を開拓したい方向けに、プログラミング言語「PHP」を中心にWEBサービス開発について学びます。プログラミングの基礎学習はもちろんのこと、プログラマとして知っておくべきPCの基本操作から学習を始めます。さらに、実践的なスキルを学ぶとともに、それを世界中の人々に公開して世の中の問題解決をするための方法もすべて学習します。


感想(柴田さんはiPhoneアプリ開発コースを受講)
“わからないことがあれば、すぐに詳しい人に聞ける環境があること良いと感じました。プログラミング勉強を進めていくにあたって一番良いことだと思います。僕は学校が終わった後深夜まで、部屋もしくはカフェで勉強し、翌日先生にわからないことを聞き、学んでいくというスタイルをずっと貫き通しました。初心者のぼくは、とにかくコードを書いては動かして、量が質に転換するまでたくさん勉強をするのがベストに感じました。”

※エンジニア留学詳細はコチラ

 

ジプニーで帰宅

授業が終わったら、17時のジプニーで帰宅します。
IMGP0582

 

 

下校後

IMG_2898
柴田さんは、下校後は夕飯を食べ、その後はカフェや寮のお部屋で勉強をされているそうです(5時間ほど)。寮の付近にはフィリピン料理や日本料理、ローカルフードを食べられるお店が徒歩圏内にあり、過ごしやすい環境が整っています。またタクシーも初乗りが約100円と、日本よりも安価に移動することができます。

ぼくもカフェで作業をすることがよくあるのですが、多くの生徒さんが勉強している姿を見かけます。

 

休日

IMG_2155

休日は多くの生徒たちが、先生たちと共にビーチや滝、トレッキングなどのアクテビティをして楽しんでいます。のんびりとカフェでおしゃべりをして過ごす人もいたり、買い物をして過ごす人もいたり、各々が自由な時間を過ごしている印象です。フィリピンの気候も影響しているのでしょうか。先生と生徒がとても仲良しなことは、NexSeedの特徴のひとつです。

 

柴田さんが留学中に意識していたこと

IMG_2951_2
”ぼくは基本的な単語・文法事項は前もって予習、もしくは復習し、先生と話しているときに学んだフレーズやわかりにくいニュアンスの違いや独特な言い回し等を質問するようにしていました。依然としてvocabularyを増やすのは難しいですが、こつこつとこういう努力をこなすことが、英語上達の王道だと思います。先生たちとの会話の場が実りのある時間となるように、予習と復習をすることが一番いいスタイルだと思いました。日本人に最も不足しているのは英語をアウトプットする場で、それが充分に準備されているセブは、アウトプット学習にもってこいの環境ですね。”

まとめ

いかがでしたか。NexSeedでの留学生活はイメージできたでしょうか。柴田さんのお話を伺っていると、熱心な勉強家という印象を受けました。予習・復習をしっかりすることで、充実した留学生活を送ることができそうですね。

ちなみに、休日にきちんと息抜きをすることが勉強を継続させるコツだそうです。
IMG_2035

投稿者プロフィール

NexSeedメディア編集部
NexSeedメディア編集部
NexSeedメディア編集部です。英語学習について、フィリピン・セブ島の魅力、NexSeedでの留学生活などを伝えます!

記事に関するお問い合わせはこちらのメールアドレスにお願いします(・∀・)
ikuniyoshi(アットマーク)nexseed.net