「がっかり」の英語表現・フレーズ4選 | シチュエーションごとに使い分け!

あなたは、「がっかりした」「がっかりだよ」を英語で言えますか?

「がっかり」は、肩を落として落胆するイメージの「擬態語」なので、説明も難しいのではないでしょうか。

感覚で理解している感じですよね。

ということで、今回は、「がっかり」を意味する英語表現・フレーズをご紹介します。

 

「がっかり」を意味する英語表現・フレーズ

disappointed

「がっかりした」「期待はずれだ」という意味の英語表現です。

映画、人、行動、すべてに対して使うことができる表現です。

元は、「失望」という意味の抽象名詞です。

Was it a disappointment?「がっかりした?」
I’m so disappointed「がっかりだ」

 

let 〇〇 down

こちらもよく使われる「がっかり」や「落ち込んでいる」という意味の英語表現です。

The Chainsmokersの有名な曲に、「Don’t let me down」という曲がありますが、「がっかりさせないでよ」という意味のタイトルです。

I don’t want to let my wife down「妻を落ち込ませたくない」

I won’t let you down.「頑張る」

訳すと、「失望させない」という意味で、「期待に添えるように頑張るよ」へと、意味が変化したフレーズです。

 

bum ◯◯ out

「落ち込ませる」「悲しい」という意味の英語表現です。

〇〇には、落ち込んでいる対象が入ります。

カジュアルな表現なので、状況、相手によっては、失礼になる可能性もあり、注意が必要です。

It’s bums me out「がっかりした」
I’m bummed out「がっかりした 」

 

shocked

日本語でも「ショック」は使いますよね。

なにか、悲しいとき、がっかりしたときに使うことができる表現です。

残念すぎて、「がっかり」というニュアンスが伝わります。

I’m so shocked「がっかりだよ」

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、英語にする時に少し悩む、「がっかり」の英語表現をご紹介しました。

映画やドラマでも、よく使われる表現なので、ぜひ、覚えてみてください!

NexSeedでは、プログラミングと英語を学べる「エンジニア留学」を提供しています。 プログラミングと英語、エンジニア/ IT留学に興味がある方は以下からチェック!

投稿者プロフィール

NexSeedメディア編集部
NexSeedメディア編集部
NexSeedメディア編集部です。英語学習について、フィリピン・セブ島の魅力、NexSeedでの留学生活などを伝えます!

記事に関するお問い合わせはこちらのメールアドレスにお願いします(・∀・)
ikuniyoshi(アットマーク)nexseed.net