「嫌だ」の英語・スラング10選【自分の気持ちを言えるようになろう】

こんにちは、Kuniyoshiです。

今回は、「嫌な〇〇だ」「〇〇は嫌だ」「もう嫌だっ!」の英語表現をご紹介します。

「Noと言える日本人になろう」という訳じゃないですが、英語で否定したり、拒否する表現も大切です。

しっかりと、自分の意見を英語でも言えるようになりましょう。

 

「嫌な〇〇だ」の英語表現

disgusting


最も強い、否定的な「汚いもの、人、食べ物」に使う表現です。

嫌なものを形容する表現の中でもかなり強い単語なので、そうとう嫌であることが伝わります。

What’s that disgusting smell?「なんだこの嫌な匂いは」
This is “Natto”,you should try it.「納豆だよ、食べてみなよ」

海外でも好き嫌いが別れる匂いです。笑
私は大好きですよ?

 

unpleasant


不快な、不愉快な、という意味の「嫌な」の英語表現で、人の表情や、感情に対しても使われます。

「disgusting」よりは弱い表現です。

It’s very unpleasant sound「嫌な音だな」

 

What the hell


様々な使い方がある表現ですが、「なんて嫌な」と言いたいときにも使えます。

映画の中でも聞いたことがあるのではないでしょうか。

主に、「なんて嫌な〇〇だ」「なんてこった」「なんだこのクソみたいな〇〇は」的なニュアンスです。汚いことばなので、友人同士でだけ使うようにしましょう。

What the hell is this smell「いったいこの嫌な匂いは何なんだ」

「hell」という言葉が公共で使えないので、「What the heck」という代わりのフレーズもあります。これなら、公共の放送などでも編集されません。

 

「〇〇は嫌だ」の英語表現

I can’t stand 〇〇


「〇〇は嫌だ」「〇〇には耐えられない」という意味の英語表現で、直訳すると「立っていられない」という意味になります。

嫌で嫌で我慢ができないものに使いましょう。

I can’t stand this class「この授業は嫌だ」

 

hate


シンプルに、「嫌い」という単語で「嫌だ」と伝えるのもありです。

I hate walk「歩くのは嫌だ」

 

Don’t like


「hate」は直接過ぎるので、「Don’t like」を使うのもありです。

I don’t like walk「歩くのは嫌だ/好きじゃない」

 

I can’t take


引き受けられない、我慢できない、という意味英語表現です。

何かを依頼されたり、他人から言われて、「それは嫌だ」と言いたい場合に使えます。

I can’t take this「それは嫌だ」

 

No way


ありえない、という意味でよく使われるスラング的な表現です。

何かを提案されて、「それは嫌だ」と拒否したいときに、使うことができます。

 

「もう嫌だっ!」の英語表現

That’s enough!


「もう嫌だっ!もう十分だ」という意味の英語表現で、映画やドラマでもよく使われる表現です。

もう十分だ、こんなこと続けてられるかっ!というニュアンスで、もう我慢できない!とブチ切れているのが伝わる英語表現です。

 

I’m done


「もう終わり」という意味の英語表現で、言い方やシチュエーションでは「あーもうやってられっか!」というニュアンスが伝わります。

 

This sucks


「もう嫌だ」「最悪」「最低」という意味の英語表現で、自分にとって最悪だ、という意味が伝わる「嫌だ」の英語スラングです。

だいぶ汚い表現ですので、使うタイミング、場所は考えましょう。ただ、結構ネイティブは使うので、知っていて損はありませんよ。

 

まとめ

いかがでしたか?

英語でもしっかりと自分の気持ちを伝えることができるようになると、英会話はもっと楽しくなりますよ!

では、また

english-banner

投稿者プロフィール

kuniyoshi
kuniyoshi
沖縄県出身、工業高校卒業後、すぐにNexSeedにて半年間のエンジニア留学へ。留学開始1ヶ月半でインターン生としてジョイン、NexSeedの社風、未来、ビジョンに魅力を感じ、エンジニア留学卒業と同時に入社、NexSeed史上初の新卒社員。

Twitterアカウント:@92441K