SNSを英語で楽しむ♪英語の絵文字を使いこなそう!

こんにちは!英会話コラムライターのMidoriです。

みなさんは、SNSを利用していますか?昨年の流行語大賞でも「インスタ映え」というのがありましたが、今はSNSを使っていない人が珍しいくらいに、日々の生活に定着していますよね。

さて、SNSをやっていると、海外の方とのつながりも生まれてくることでしょう。ハッシュタグを通じてフォローされるようになったり、おしゃれで素敵な写真に惹かれてこちらからフォローしてみたり・・・実際の生活でかかわりのない海外の方とも知り合いになれるSNSは、上手に使えば英語学習につなげていくこともできます。

そこで、海外の方と仲良くなるために効果的なのが、海外で使われている絵文字です。日本でも(^^)や(T_T)など、感情を表現する絵文字がありますが、文章の中に適度に盛り込んでいくことで親しみを出すことが出来てとても便利ですよね!そこで今回は、SNSで使える英語の絵文字について、できるだけたくさんのバリエーションをご紹介していきたいと思います。

 

①うれしい気持ちをあらわす絵文字

:) →ニコニコマークを横に倒した形になっています。「:)))」と口の部分を増やすことで喜びの強さを表現することが出来ます。また、普段眼鏡をかけている人であれば、8-)というのも使えますよ!

:-] →これも笑顔ですが、「イヒヒ」という皮肉な笑いにも使える絵文字です

;) →目の部分に変化を加えることで、ウインクしている顔を表現。泣き顔ではないのでご注意を♪

XD →日本の顔文字で言うと「(>▽<)」という感じですね。とっても嬉しくてはしゃいでいる顔です。

:’-) →嬉しすぎて涙が出ている表情です。口の端が上がっているので嬉しいのだということがわかりますね。

:^) →鼻を作ることでよりキュートな表情になりますね。つんっと上がった鼻なので欧米向きな感じがします。

 

②悲しい気持ちをあらわす絵文字

:( →口の部分が「へ」の字になっていますね。悲しい気持ちを表します。

:_( →涙を表すラインを入れることで、悲しくて泣いている表情を表すことが出来ます。「:'(」と言う風に表す時もあります。

;-/ →痛い!というのを表します。口の部分をスラッシュにすることで、ただ悲しいだけでなく痛い!というのが伝わりやすいですね。

&-| →涙目で悲しむ表情を表します。「&」が潤んだ目を表しています。顔を横に倒して見ると、それらしく見えなくも・・・ないような?

 

③ユーモアをあらわす絵文字

:-P →あっかんべーの顔ですね。ハイフンが鼻を表しているのもキュートです。

:*) →酔っぱらっていることを表します。ほっぺが赤くなっているのが分かりますね。

=o →驚きの表情です。一見何の顔かわからないかもしれませんが、ぱちくりした目とあんぐり開けた口を表しているんですね。

:-Z →眠い・・・の表情です。よく”Zzzz…”といびきの音を表すことがありますが、この絵文字にも”Z”が使われていますね!

:-@ →叫んでいる表情です。”a”の部分が舌を表していて、大きく口を開けて叫んでいる感じがしますね。:-Vというのも同じように使われます。

:-# →お口にチャック!の表情です。口にテープが貼られているイメージでしょうか。

|:-) →眉毛が濃いのを表します。ここまでくると、どんな場合に使えばいいかよくわかりませんが笑、たしかに眉毛がつながっていますね。

:-)) →二重あごをあらわします。「食べすぎちゃった!」といった場合などに日本ではよく豚のマークを使ったりしますが、欧米ではこんな表現をするんですね。

(:- →ハゲ頭をあらわします。つるりんとした頭にカッコが使われていて、口は省略されていますね。

:c) →だんごっ鼻を表します。ピエロのようなひょうきんな顔に見えますね!

:-9 →舌なめずりしている顔です。食べ物の話のときに付け加えると可愛らしいですね。

投稿者プロフィール

Midori
Midori
高校時代にイギリス留学、大学~社会人時代に2度のNY滞在を経験。大学時代には留学生チューターとして海外留学生の支援に関わる。
現在のTOEICスコア875点(リスニング満点)。海外ドラマや洋画のセリフから英会話を学ぶ記事を多数執筆。
Twitter