「もちろん」の英語表現10選【Of courseの使い方に注意!】

例えばレストランで

店員.Would you like any appetizers?(前菜はいかがですか?)

客.Of course(当たり前だ)

印象悪いですよね。この場合は、「Sure」を使うと自然です。

自然な「Of course」の使い方としては、

A.Do you know SAMURAI?(侍って知ってる?)

B.Of course,I’m japanese(もちろん、日本人だもん)

このような場合です。

 

「Certainly」で伝える「もちろん」の英語表現

丁寧な「もちろん」の英語表現が、この「Certainly」です。

目上の方への返答は、「Sure」や「Of course」ではカジュアルです。

「Sure」の丁寧な表現、と覚えてください。

例えばレストランで

客.Can I please order the appetizers?(前菜をいただけますか?)

店員.Certainly sir(もちろんです)

このような場合です。

 

「No problem」で伝える「もちろん」の英語表現

依頼を引き受ける際に使える、「もちろん」の中でも、カジュアルな表現が、この「No problem」です。

何の問題もないー>「もちろん」という意味になります。

ただ、やって当然のことに対して、「No problem」と言って引き受けると、「Problem/問題」という単語が入っているので、違和感や、相手が少し嫌な印象を受ける場合があります。

使う場面には、注意が必要です。

A:can you wait a moment?「少し待ってもらえる?」

B:No problem「もちろん」

 

その他「もちろん」という返事をする場合の英語表現

その他、「もちろん」に近い英語表現として、「OK」「Yes」「No problem」「all right」があります。

A.Can you buy me some water?(水買ってきてくれますか?)

B.OK(もちろん)

C.Yes(はい)

D.all right(もちろん)

すべて、「もちろん」というポジティブな返答として使えます。

 

まとめ

いかがでしたか?

今まで何気なく使っていたフレーズも、実はニュアンスを知ると、少し失礼な使い方をしていた、という場合があります。

日常会話だけですと、特に気をつけなくても、相手は「ネイティブじゃないからなぁ」とスルーすることも多いですが、海外で就職し、外国人と一緒に働いていると、こういった言い回しが大切なこともあります。

ぜひ、この「もちろん!」というフレーズも状況によって使いこなせるようになってくださいね!

 

NexSeedでは、プログラミングと英語を学べる「エンジニア留学」を提供しています。 プログラミングと英語、エンジニア/ IT留学に興味がある方は以下からチェック!

投稿者プロフィール

NexSeedメディア編集部
NexSeedメディア編集部
NexSeedメディア編集部です。英語学習について、フィリピン・セブ島の魅力、NexSeedでの留学生活などを伝えます!

記事に関するお問い合わせはこちらのメールアドレスにお願いします(・∀・)
ikuniyoshi(アットマーク)nexseed.net