「さっき」「先ほど」の英語表現5選と例文 【メール、電話で使える】

あなたは、「さっき」や「先ほど」を英語で表現出来ますか?

ビジネスでもよく使われる表現ですが、意外と適切なフレーズを思いつかないものです。

ということで今回は、ビジネスでも使える「さっき」や「先ほど」を意味する英語表現を、時間が短い順にご紹介します。

 

just

「今さっき」「つい先ほど」という意味で会話でもよく使われる英語表現です。

I arrived just now「今さっき着きました」

I sent the message to him just now「先ほどあのメッセージを彼に送りました」

businessman-2956974_640

a ◯ minute ago

「◯分前」という意味のフレーズで、具体的にどのくらい前かを表現できます。

「a minute ago」と言えば「1分前」、「a few minute ago」と言えば「数分前」になるので、こちらの方が具体的にどのくらい前かを表すことができます。

I arrived a few minute ago「数分前に着きました」

 

earlier

「先ほど」という意味で使える単語で、ビジネスでも使える表現になります。

Thank you for the phone call earlier「先ほどはお電話ありがとうございました」

 

a while ago

「さっき」という意味で使われる英語フレーズですが、「しばらく前」という場合にも使われるので、「just」や「a minute ago」よりは、少し時間が経っているイメージになります。

なので、「a while ago」で表現する場合は、「little」などで補足すると良いでしょう。

また、ビジネスでも使える表現になります。

Have you checked the email I sent you a little while ago?「つい先ほどお送りしたメール確認頂けましたか?」

9125335d820bf2eec7ac43871a96614c_s

before

単体で使うことはありませんが、beforeで「今さっき/さきほど」を意味するフレーズを作ることも出来ます。

as I said before「さっきも言ったけど」

 

まとめ

いかがでしたか?

意外と思いつかない、「さっき」や「先ほど」の英語表現をご紹介しました。

ぜひ、ビジネスでも使いこなして、英語力アップしてください。

english-banner

投稿者プロフィール

kuniyoshi
kuniyoshi
沖縄県出身、工業高校卒業後、すぐにNexSeedにて半年間のエンジニア留学へ。留学開始1ヶ月半でインターン生としてジョイン、NexSeedの社風、未来、ビジョンに魅力を感じ、エンジニア留学卒業と同時に入社、NexSeed史上初の新卒社員。

Twitterアカウント:@92441K