間違えやすい「その他」「〜など」の英語表現


英語で「その他」と言う際に、どの単語を使っていますか?

パッと「another」と「other」が思い浮かぶかもしれませんが、両者の違いを理解しているでしょうか。

今回は、間違えやすい「その他」や「〜など」の英語表現や、単語ごとのニュアンスの違いをご紹介します。

 

「その他」を表現する英語

示される対象がはっきりしていない、漠然としたその他を表現する場合はこの2つを使います。

another

対象の「その他」が単数の場合には、「another」を使います。

「どれでもいい他のどれか1つ」という場合には、「another」を使います。

なので、「another」を複数形にすることはできません。が、「another+数字」もしくは「another+数字+複数名詞」という使い方があります。

another one「その他の1つ」

another three days「それ以外の3日」

 

other

対象の「その他」が複数の場合に使うことができます。

例えば、靴屋で、「他の色の同じ靴を見てみたい」という場合には、「other」が適しています。

また、「other」には4つの用法があります。

 

other+複数名詞

「その他の〇〇」という意味の単語になります。

Do you have other shoes?「他の靴はありますか?」

 

Others

残りの部分、というニュアンス。「続き・以下」と訳されることが多いです。

「other+複数名詞」の「複数名詞」をつける必要がない、相手と共通の認識がある場合は、こちらを使います。

 

the other

「その他」の全体像がはっきりしている場合には、「the other」を使います。

靴の例えだと、他のカラーバリエーションの色を把握していて、今試着している色以外を見たいという場合です。

 

the others

「他のすべて」という意味で、残り全部を指定する表現です。

言及しているモノがはっきりしている場合に使えます。