「楽しい」と伝える英語表現・スラング7選


「楽しい」と英語で伝えるとき、みなさんどの単語を使っていますか?

「enjoy」ばかりになっていませんか?

「enjoy」だけでもいいんですが、ネイティブは、「楽しかった」と表現するときに使う様々なスラングがあります。

スラングを知らないと、「ん、楽しかったのかな、楽しくなかったのかな」と不安になってしまうことでしょう。

ということで、今回は、「楽しい」と伝える様々な英語表現をご紹介します。

 

「楽しい」を伝える英語表現

have Fun

名詞の「fun」を「have」で受けて、楽しいという表現になります。

また、〇〇 is funと、「〇〇は楽しい」として使うこともできる基本的な表現です。

 

good time

楽しい時間だった、というニュアンスが伝わる英語表現です。

「such a」や「pretty」を付けて、強調することもできます。

I had a good time「楽しかった」

 

enjoy

一応紹介しておきます。

「〇〇を楽しむ」という意味の動詞で、基本的な楽しむ、楽しい、楽しかったを表現することができます。

I enjoyed party「パーティーを楽しんだ」

 

「楽しい」を伝える英語スラング表現

lit

最近の若者がよく使う「楽しい」という表現で、「pretty fun」という意味で使われています。

また、「めっちゃ酔っ払っている、ハイになっている」という意味でも使われる表現です。

It’s lit「楽しい」

I’m so lit「まじキマってる

 

Awesome

元々は、「畏敬」や「驚くべき」という意味の単語でしたが、最近は、「素晴らしい」「最高」「ヤバイ」という意味のスラングになっています。

楽しかった、という時に、「that party was awesome/あのパーティーは最高だった」のように使うことができます。

 

sick

スラングでの「sick」は、「cool」や「awesome」と同じように、「ヤバイ、かっこいい、最高」という意味を持ちます。 ただ、1つ「cool」や「awesome」と違って、「初めて見た時のリアクション」というニュアンスも含みます。

「ill」や「sick」の違いと複数の意味!言われたら喜んでいいの!?

 

To have a blast

「突風、爆撃」という意味の「blast」で「めっちゃ楽しい」という意味になります。

「good time」や「have fun」と同じ意味として使うことができます。

 

まとめ

いかがでしたか

「楽しい」という表現1つでも、様々な表現があります。

是非、覚えて実際に使ってみてください!

 

記事下バナー英語用 のコピー