「whatever」の意味と使い方!使うタイミングには注意が必要!?


こんにちは、Kuniyoshiです。

英語には、複数の使い方があり、意味が掴みづらい表現が多いです。(日本語もですが)

「Whatever」もその一つではないでしょうか。

私も、最初聞いたとき、混乱しました。

さて、今回は、そんな「whatever」が持つ複数の意味と使い方をご紹介します。

 

「Whatever」の意味:どんな〇〇でも

まずは、スラングではない用法から。

「Whatever」には、「なんでも」という意味があり、「anything」と同じような使われ方をします。

ポジティブな意味もネガティブな意味もないので、特に気にせず使っても大丈夫でしょう。

日常会話でもよく登場する便利な表現なので、この使い方は覚えておきましょう。

「whatever/どんな〇〇でも」を使った例文

You may do whatever you want「どんなことでも好きな事をしていい」

You can have whatever classes you like「どんな授業でも受けられるよ」

 

「Whatever」の意味:そんな感じのもの

次は、「何かそんな感じのもの」という意味の「Whatever」です。

少し明確ではない表現ですが、その通り、明確になっていない時や、「何かそんな感じの」と言いたい時に便利な表現です。

例えば、人におつかいを頼んで、「お茶的なやつ買ってきて(甘くないやつ)」と言いたいとき「Can I have tea or whatever」で通じます。

このように、「or」もしくは「and」と一緒に文末に使われることが普通です。

言い換えると、「something like that」と似たようなニュアンスです。文内で言及した物に近い分類のいくつかの事、物を表しています。

「whatever/そんな感じのもの」を使った例文

I bought pen, notebook,textbook, or whatever.「ペンとかノートとかそんなも感じのものを買った」

 

「Whatever」の意味:どうでもいい

さて、うっかり使うと喧嘩になる「whatever」の使い方がこちらです。

場合によって、「無関心、興味がない、どうでもいい」というニュアンスが伝わってしまいます。

「どっちでもいい」「どうでもいい」を英語で表現するためのフレーズ9選 | フィリピン・セブ島留学のススメ
「どうでもいい」「どっちでもいい」と伝える英語表現をみなさんご存知ですか? 私も優柔不断なので、英語でよく、「どっちでもいいよ」というのですが、初めて海外に来たときは、パッと思いつかないフレーズの1つでした。 そこで今回は、便利な「どっちでもいいよ」と、「どうでもいい」という2つのフレーズをご紹介します。

日本語でいうところの、「はいはい」「どうでもいいけど」「だから何?」という意味にあたります。

私もたまに使いそうになってしまいますが、こらえています。

似た表現として、「It doesn’t matter」や「I don’t care」や「who cares」があります。

喧嘩になったときに、「面倒くさいからもう良いよ」という時にも使われます。

相手は考えて使うようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

様々な使い方があるので、最初聞いて混乱することも多い、「whatever」という英語表現。

意味と使い方、わかりましたか?

 

english-banner