アニメで英語学習!大人にもオススメな理由とオススメ作品11選

2018年度から、小学校で英語教育が義務化されます。小学5年生の必修科目として、2011年度からすでに導入されている英語ですが、学習のスタートが低年齢化することもあり、“楽しく学ぶ”ことが重視されます。

英語に親しむ、英語を楽しむ、ということに重点をおいて学習する方法の一つに、“アニメ”の使用があげられます。子どもに限らず、大人にもオススメできる方法です。

 

“アニメ”は英語で何という?

“アニメ”を英語だと思っている人はいませんか? 実は“アニメ”という言葉は、厳密に言うと英語ではありません。和製英語なので、注意しましょう。

“アニメ”の正しい英語は、“animation(アニメーション)”です。“animation”には、“動画”という意味があります。

 

“アニメ”を使った英語学習が効果的な理由

さまざまな英語教材がある中で、“アニメ”を使った英語学習をオススメするのは、以下のようなメリットがあると考えられるからです。

ストーリーがわかりやすい

“アニメ”は主に子ども向けということもあり、子どもが見てわかりやすいストーリーになっていることが多いです。ストーリーが理解できれば、たとえ知らない英単語が出てきたとしても、“アニメ”の登場人物が話していることを、なんとなく想像することができます。

難しい言葉が使われない

“アニメ”は子ども向けのため、使われる言葉や表現も、比較的理解しやすいものになっています。日常生活をテーマにした“アニメ”であれば、身近な英語表現・フレーズが多く登場するので、会話力を磨きたい人にはうってつけです。
海外ドラマや映画に出てくる英語表現はちょっと難しいと感じている人は、“アニメ”の方がよいかもしれません。

インパクトが強く、記憶に残りやすい

“animation”には、“動画”という意味があると述べましたが、その名前の通り、登場人物の“動き”にインパクトがあるのが“アニメ”の特徴です。そのため、登場人物の話す言葉も記憶に残りやすく、英語表現・フレーズもおぼえやすくなります。

 

“アニメ”を使った英語学習の方法

それでは、“アニメ”を使った具体的な英語学習方法をご紹介します。以下のステップを参考にしてください。

【1】字幕を見ずに、とにかく英語を聞く

日本語字幕または英語字幕で見られる場合でも、字幕は一切見ないようにします。DVDやBlu-rayなどであれば、字幕はOFFにしましょう。英語を聞くことに集中します。
すでにストーリーを知っている“アニメ”や、あらかじめ日本語で理解しているものであれば、よりリスニングに集中することができます。

 

【2】英語字幕で聞き取り確認

次に、英語字幕付きで、同じものを視聴します。このとき、聞き取ることができた英語と字幕を比較して、どの程度聞き取れたかを確認するとよいでしょう。間違って聞き取った英語は、正しくおぼえ直します。気になったり、役に立つと思ったりした英語表現・フレーズをピックアップして、ノートなどに書き留めておくのもオススメです。

 

【3】セリフをマネする

ピックアップした英語表現・フレーズを、マネして言ってみましょう。きちんと声に出して、繰り返し言うことが大切です。これは、シャドーイング(Shadowing)と呼ばれる、英語学習に効果的な方法です。

 

英語学習にオススメの“アニメ”

最後に、英語学習にオススメの“アニメ”をいくつかご紹介します。

英語版・日本の“アニメ”

英語版がリリースされている、おなじみの日本の“アニメ”がたくさんあり、海外でも人気を集めています。“あの日本語のセリフが、どのように英訳されているのか?”というところも興味深いところです。また、自分が好きな作品をチョイスすると、取り組みやすいかもしれません。
・天空の城ラピュタ(Laputa – Castle in the Sky -)
・となりのトトロ(My Neighbor Totoro)
・魔女の宅急便(Kiki’s Delivery Service)
・もののけ姫(Princess Mononoke)
・千と千尋の神隠し(Spirited Away)
・ドラえもん(Doraemon)
・ドラゴンボール(Dragon Ball)

ジブリ映画で英語勉強!?慣れ親しんだアニメから英語を学ぼう!

 

日本になじみのある海外の“アニメ”

日本のテレビ放送などで見おぼえのある海外の“アニメ”もオススメです。ディズニーやピクサーなどは数多くの映画作品があります。
・スヌーピー(Peanuts)
・おさるのジョージ(Curious George)
・スポンジボブ(SpongeBob SquarePants)
・ディズニー、ピクサーのアニメーション映画など

 

まとめ

“アニメ”は、楽しく英語を学ぶのに適した、身近な教材であることがおわかり頂けたでしょうか。

ただし、“アニメ”だけでは、やはり学習にかたよりが出てきてしまいます。“アニメ”の英語に慣れてきたら、次はドラマや映画で使われる英語にチャレンジする、ライティングの学習をする、といったことも必要になります。

英語学習で大切なのは、“続ける”ことです。最初からハードルを高くしてしまうと、続けるのが嫌になってしまいます。英語学習の導入教材として“アニメ”を活用するとよいかもしれません。

english-banner