【渡航まであと1ヶ月しかねぇ!】1ヶ月で英会話スキルを高める方法をまとめました。

「あと1ヶ月したら海外赴任!」「留学まで残り1ヶ月になっちゃった・・・」と焦りを感じている皆さん、英会話の学習は進んでいるでしょうか?

今回は、現地で日常生活を送っていくにあたって、短期決戦で英会話スキルを高めたいと思っている方向けに、おすすめの学習法をご紹介してみたいと思います。

 

①とにもかくにも単語!単語!!

こればかりは知らなければどうしようもありません。

文法や発音は一朝一夕に身につくものではありませんし、日常生活を送ることが目的なら、相手が理解してくれさえすればいいのですからボディランゲージでも十分です。

しかし、単語を知らない場合はどうしようもないんですよね。

断片的にでも、伝えたい情報のかけらが提供できれば、あとは相手の類推力でカバーしてもらえます。とにもかくにもまずは単語を覚えましょう!

覚え方は各個人で合ったものを選ぶべきですが、短期間で効率的に学習したいなら英単語学習アプリがおすすめです。

日常会話レベルの単語アプリであれば無料のものも多いですし、お金をかけずに隙間時間で効率的な学習ができます。

また、最近のアプリは過去間違えた単語や覚えられていない単語のデータを蓄積して見直すことが出来る機能を持っているものが多く、苦手な箇所を集中して暗記できるのもメリットの一つです。

一つ注意していただきたいのは、覚える単語のジャンルを「日常会話」に限定して覚えることです。

入試や資格試験の受験ではありませんので、難解な単語や専門用語は覚える必要がありません。大半のアプリでは、学習範囲を選べるようになっていますので、初めにきちんと必要な単語だけ抽出して学習するようにしましょう。

単語の効率的な覚え方は、こちらの記事に詳しくまとめています。

効率的な英単語の覚え方【書いて覚えちゃダメ!?】

 

②そのまま使えるフレーズを一覧にしておこう

「そのまま使える」ということがポイントです。例えば、

「丁寧にお願いしたいときは、”Would you~?”」

「何か教えてもらいたい時は、”Please tell me~.”」

なんて覚え方をしていても、結局「~」の部分が自分で作れずに挫折してしまいます。

「これをそのまま読めばOK!」というようなカンペを自分で作っておくと安心です。

“Would you tell me how to do this work?(この仕事のやり方を教えていただけませんか?)”

“Please tell me how to go here on this map.((地図を見せながら)この地図上でココに行く方法を教えてください。)”

いろいろな場面で応用が利きそうなフレーズをいくつも準備してノートにでも書いて一覧にしておきましょう。

発音できなければ指差すだけでもコミュニケーションが取れるはずです。

書くのがめんどくさい方は、このような本も出版されているので、こちらから始めるのも良いでしょう。

http://amzn.asia/d/cDiK8sF

 

③英語の音に慣れる!海外ドラマや洋画は案外役に立つ

よく海外ドラマや洋画を題材にした勉強法が取り上げられていますが、正直「字幕に目が行っちゃって英語なんて聞いてないし、役に立つと思えない・・・」と思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

海外ドラマや洋画を学習に活用する目的は、「英語の音に慣れる」ということだと私は考えています。何もすぐに字幕なしで見られるようになる必要はありません。

せっかくですから息抜きもかねて、みなさんそれぞれの興味のある海外ドラマやお気に入りの洋画で、英語の音に慣れる練習をしていただければと思います。

一度おおまかなストーリーが頭に入ったら、字幕を英語に切り替えて見てみるのもお薦めです。セリフを文字で見ながら音声を聞く訓練をすることで、アルファベットの綴りを見ながら発音の仕方を考える時の手掛かりになります。

もしも忙しくてじっくり見る時間が無ければ、何か他のことをしながら流しっぱなしにしておくのでも構いません。家でテレビを見るのが難しければ、移動中に洋楽を聞くという手もあります。とにかく英語を耳に入れる、という感覚で続けましょう。

 

④最後はやっぱり実践あるのみ!オンライン英会話で英会話を体験

最後はやはり、本番を想定したリハーサルを重ねるしかありません。

オンライン英会話の講師陣は、日本人の英語スキルや苦手な部分を熟知しているプロですから、始めは少し緊張するかもしれませんがトライしてみましょう!

オンライン英会話には、教材を選んで授業を受けるパターンと、フリートークをするパターンがあり、基本的に生徒側で選べるようになっています。

ハードルが高く感じてしまうかもしれませんが、海外への渡航を控えている方ならぜひフリートークにチャレンジしてみていただきたいですね。

日本語では当たり前にやっていることですが、相手が参加できるような話題を提供して、それについて自分の経験や意見を述べる、という当たり前のことが英語だととても難しく感じるはずです。しかしこれができなければ、現地でネイティブと話す時は常にあいづちしか打てず、「この人何考えてるのかな・・・?」と周りに違和感を与えてしまいかねません。

ぜひ授業を受けたい教材があるという方は、授業の前後5分でも今日あったことや週末の予定などを講師に話す時間を作るといいかもしれません。

 

短期決戦でバランスよく英語スキルを鍛えよう!

海外への渡航を控えて英語学習に意欲的な方とお話していると、よく聞くのが「とりあえずテキストを1冊買ったんですが何から始めればいいのか・・・」「オンライン英会話を始めてみたものの成長が感じられなくて・・・」といった声です。

英会話のスキルを上げていくためには、さまざまな方法でバランスよく学習に取り組んでいかなくてはなりません。ましてや期間が1ヶ月と短いような場合にはより効率的なスキルアップが求められます。

人によってぴったり合う学習法は違うかと思いますが、今回ご紹介したことも参考にしながら、1つのツールや学習法にこだわりすぎないようにしていただきたいと思います。

十分な事前準備で、自信をもって渡航の日を迎えましょうね!

english-banner

投稿者プロフィール

Midori
Midori
高校時代にイギリス留学、大学~社会人時代に2度のNY滞在を経験。大学時代には留学生チューターとして海外留学生の支援に関わる。
現在のTOEICスコア875点(リスニング満点)。海外ドラマや洋画のセリフから英会話を学ぶ記事を多数執筆。
Twitter