「嫌い」の英語表現11選 | レベル別にご紹介!

英語で、「嫌い」と表現するとき、自分の中では、「そんなに好きじゃない」という表現をしたいのに、オーバーに伝わってしまうかも、という心配をしたことはありますか?

否定的な意見を言ったり、繊細な話題を英語でするのって難しいですよね。

今回は、そんな様々な「嫌い」という表現について、ご紹介していきます。

「嫌い」でも、嫌いのレベルに合わせて使い分けられるようになっていただければと思います。

 

「嫌い」の英語表現 | そんなに好きじゃない

まずは、嫌いレベル1、「そんなに好きじゃない」という意味が伝わる英語表現です。

日本語って、ストレートな表現を避ける言語だと思うので、なるべくそれに沿った英語表現をご紹介します。

I don’t really like「あんまり好きじゃない」

「I don’t like」に、「really」「very much」を付けて表現をやわらかくする方法です。

 

It’s not really my thing 「あんまり好きな事じゃない」

自分の好きな事以外である場合や、興味がない、という意味のフレーズです。

そんなに乗り気じゃないお誘いはこのフレーズで断れます。

 

I’m not a big fan of「それほど好きじゃない」

「big fan」は、「熱狂的なファン」という意味で、それの否定なので、「熱狂的なファンって訳ではない」ってことです。

「ファン」という言葉は、スポーツや、応援している何かに対して日本では使われますが、英語では様々なものに使うことができます。

 

I’m not into「興味あんまりない」

興味がない、という表現です。

 

「嫌い」の英語表現 | 普通に嫌い

「普通に嫌い」というストレートな表現をご紹介します。

こちらはみなさんご存知だと思います。

投稿者プロフィール

NexSeedメディア編集部
NexSeedメディア編集部
NexSeedメディア編集部です。英語学習について、フィリピン・セブ島の魅力、NexSeedでの留学生活などを伝えます!

記事に関するお問い合わせはこちらのメールアドレスにお願いします(・∀・)
ikuniyoshi(アットマーク)nexseed.net