「無理しないで」の英語表現9選 | 英語でも相手への気遣いが出来るようになろう!

今回は、「無理しないで」の英語表現をご紹介します。英語では、様々な「無理」の表現があります。

英語でも、相手を気遣えるフレーズが言えるといいですよね。

それでは、ご紹介します。

 

「無理しないで」の英語表現9選

Please don’t strain yourself

「strain」は、緊張をかける、痛める、酷使する、という意味なので、

「don’t」により、「無理をしないで」という意味になります。

Please をつけることによって、少し優しいニュアンスになります。

 

Please take it easy

「気楽にね」という意味の「take it easy」で、「無理しないで」というニュアンスが伝わります。よく聞くフレーズではないでしょうか?

精神的に頑張ってる人にも、肉体的に頑張っている人にも使える「無理しないで」というフレーズです。

また、「Take things easy」という表現もあり、その場合は、「無理しない方がいいですよ」という意味のフレーズになります。

 

Take care of yourself

こちらは、「無理しないで」という英語表現の中でも、体調に気を遣ったフレーズになります。

「気をつけて」や「お大事に」という意味でよく使われる「Take care」に、「of yourself」をつけることで、「自分の身体を大事にね」というニュアンスが伝わります。

 

Don’t 〇〇 too hard

「〇〇しすぎないようにね」という意味の英語表現で、何かをやり過ぎている人に「無理しないで」と伝えるフレーズです。

よく、「Don’t work too hard/働きすぎないようにね」や「Don’t study to hard/勉強しすぎないようにね」と使われます。

 

Don’t push yourself too hard

直訳すると、「自分を押しすぎないでね」という意味の英語表現で、自分自身に圧力をかけているイメージです。

何かを押すときは、物に圧力をかけますよね?その圧力をイメージしてください。

自分に圧力をかけないように→無理をしないで/頑張りすぎないで、というニュアンスのフレーズです。

投稿者プロフィール

NexSeedメディア編集部
NexSeedメディア編集部
NexSeedメディア編集部です。英語学習について、フィリピン・セブ島の魅力、NexSeedでの留学生活などを伝えます!

記事に関するお問い合わせはこちらのメールアドレスにお願いします(・∀・)
ikuniyoshi(アットマーク)nexseed.net