「小さい」の英語表現【small little tinyの使い分け方】

「小さい」を意味する英単語でパッと思い浮かぶのは“small”という人が多いのではないでしょうか。

実は、「小さい」を意味する英単語は“small”だけではありません。その対象物、サイズ、使用する場面、ニュアンスの違いなどによって、使用する単語が変わってくるのです。

それではさっそく、それぞれの英単語を紹介していきましょう。

 

「小さい」を意味する英単語の例

日本語で言うところの「小さい」を意味する単語には、次のようなものがあります。

small

形や大きさ、規模などが「小さい」という場合に使う英単語です。少ない、わずかな、狭い、といった意味合いで使うこともあります。ちなみに、くだらない、つまらないといった使い方もあります。

【“small”を使った例文】
a small house(小さい家)
a small stone(小さい石)
a small letter(小文字)

 

little

“small”同様、形や規模が「小さい」という場合に使いますが、“little”には、「かわいらしい」というニュアンスを含みます。年下の、若い、といった意味合いでも使われる英単語です。

【“little”を使った例文】
a little kitty(小さくてかわいらしい子猫)
my little brother(私の弟)
just a little(ほんの少し)

 

tiny

“small”や“little”でいうところの「小さい」よりも、さらに小さいこと、または、とても小さいことを表すときに使う英単語です。ちっちゃな、ちっぽけな、という意味もあります。「小さい」ことを強調して言う場合、“little”と併せて使われることもあります。

【“tiny”を使った例文】
a little tiny baby(とても小さくてかわいい赤ちゃん)
tiny pieces(小さくて細かい片)
a tiny bit(ごくわずか)

 

そのほか「小さい」というニュアンスのある英単語

“small”、“little”、“tiny”のほかにも、「小さい」という意味で使われる英単語があります。

たとえば、体が大きくなって、洋服がサイズアウトしてしまった場合、日本語では“洋服が小さくなった”と表現します。

また、テレビの音量を下げてほしいときなどは、“音を小さくして”、静かにしてほしいときには“小さい声でしゃべって”、というような言い方をします。

このようなケースなどにおける「小さい」という言葉は、次のように表現します。

【そのほかの単語を使った例文】
This shirt will shrink in the wash.(このシャツは洗うと小さくなる/縮む)
My little brother has outgrown his pants.(弟のズボンが小さくなった/大きくなってはけなくなった)
Please talk in a low voice.(小さい声で話してください)
Would you turn the radio down?(ラジオの音量を小さくしてもらえませんか)
You don’t have to worry about trivial mistakes.(小さな/些細なミスを気にすることはない)

 

まとめ

日本語では「小さい」という言葉一つで表現できてしまうことも、英語では、その対象となるものやニュアンス、使う場面などによって、様々な言い方があることがおわかり頂けたでしょうか。

同じ「小さい」を表す英単語の“small”と“little”は似たような場面でほぼ同じ使われ方をしますが、大きく違うところは、“small”は客観的に見て「小さい」と表現するのに対し、“little”には「小さくてかわいらしい」という個人的な意見や感情が入ることです。

この違いを頭に入れて、実際に「小さい」と表現するときに、上手に使い分けられるようにしましょう。

english-banner