「特に」の英語表現5選【例文で使い分けをマスター】

あなたは、「特に」と英語で言いたいときに、どう表現していますか?

日本語では、文頭で使うときも、文中で使うときも同じ「特に」という表現が使えますが、英語の場合は、別の表現を使わなければいけません。

また、話言葉、書き言葉があるので、いくつかの表現を使い分ける必要があります。

ということで、今回は「特に」を意味する英語表現をご紹介します。

 

「特に」を意味する英語表現

In particular

「特に」や「とりわけ」という意味の英語表現で、その文節全体を修飾することができるため、文頭に使われることが多い英語表現です。

ただ、「In particular」を使う前に、「In particular」を使う文の内容を絞っておく必要があります。

In particular,the program has contributed to raising customer satisfaction.「特にそのプログラムは顧客満足度向上に貢献した」

 

particularly

上で紹介した、「In particular」の文中で「特に」「とりわけ」と言いたい時に使われる英語表現です。

他の事柄とくらべて、「とりわけ〇〇が〜」と目立たせることができます。

ただ、他とくらべて、抜きん出た規模である、という意味ではなく、「特定の」というニュアンスです。

The low fertility rate is particularly serious in this country.「この国では出生率が特に深刻だ」

 

Especially

「特に」という意味の英語表現で、「especially」を使う前に言及された内容の中と比較して、より重要度が高いものを表す直前に使われます。

また、「Especially」が文頭に使われることはほとんどありません。

以前は論文でも文頭によく使われていたようですが、今では、先に紹介した「In particular」を使うことが一般的です。

This book is a good read, especially for children.「この本は、子どもたちにとって良い読みものである」

 

specially

こちらも、「特に」と訳される表現で、「特別に」というニュアンスの表現です。

especiallyと違って、「特別」と言いたいときは、前に比較対象・範囲を示さなくても使うことができます。

I bought this shirt specially for you.「あなたの為に特別にこのシャツを買いました」

 

notably

「特に」「とりわけ」「明確に」という意味の英語表現です。

使い方は、「especially」と同じで、違いは、「especially」には「他の物と比較して」というニュアンスがあります。

ほとんど同じと捉えてもいいでしょう。

This book is notable as the first book he wrote.「この本は、彼が最初に書いた本として、特に有名だ」

 

まとめ

いかがでしたか。

今回は、「特に」や「とりわけ」という意味の英語表現をご紹介しました。

英文を書く際などに、重宝する表現なので、是非、覚えて使っていただければと思います。

NexSeedでは、プログラミングと英語を学べる「エンジニア留学」を提供しています。 プログラミングと英語、エンジニア/ IT留学に興味がある方は以下からチェック!

投稿者プロフィール

NexSeedメディア編集部
NexSeedメディア編集部
NexSeedメディア編集部です。英語学習について、フィリピン・セブ島の魅力、NexSeedでの留学生活などを伝えます!

記事に関するお問い合わせはこちらのメールアドレスにお願いします(・∀・)
ikuniyoshi(アットマーク)nexseed.net