「目立つ」を英語でどう表す?お役立ち英文24選

「目立つ」という言葉には、人目をひく、注目される、といった意味がありますが、英語ではどのような言い方をするのでしょうか?

また、「目立つ」という言葉は、良い意味で使われる場合と、悪い意味で使われる場合があります。この場合、英語ではどのようにフレーズを使い分けているのでしょうか?

今回は、シチュエーション別に、「目立つ」を英語でどのように表現するかを紹介します。

 

“stand out”を使った「目立つ」の英語フレーズ

英語で「目立つ」というときに、よく使われるのが“stand out”というフレーズです。

My brother stands out in the crowd, because he is tall. (私の兄は背が高いので、人混みの中でも目立ちます。)
He loves to stand out. (彼は目立ちたがり屋です。)
I don’t want to stand out in the class. (私はクラスの中で目立ちたくありません。)
That dress stands out. (そのドレスは目立っています。)
I want to make my dress stand out more. (私のドレスをもっと目立たせたいです。)

また、名詞・形容詞は“standout”で、「すばらしい」「ずば抜けて良い」といったニュアンスになり、良い意味で「目立つ」という場合に使います。

She is a standout tennis player. (彼女はすばらしいテニスプレーヤーです。)

 

“outstanding”を使った「目立つ」の英語フレーズ

“outstanding”も良い意味で「目立つ」という場合に使うフレーズで、「すばらしい」「ずば抜けて良い」といった意味があります。

She is an outstanding singer.  (彼女は目立つ歌手です。/ずば抜けて良い歌手です。)
He is outstanding at playing tennis. (彼は目立つテニスプレーヤーです。/ずば抜けて良いテニスプレーヤーです。)

 

“eye-catching”を使った「目立つ」の英語フレーズ

“人目をひく”という意味で「目立つ」という場合は、“eye-catching”を使って表します。

I love that eye-catching design. (その人目をひくデザインが気に入っています。)
That design is eye-catching. (そのデザインは、人目をひきます。)

 

そのほか「目立つ」を表す英語フレーズ

She is conspicuous in her red dress. (彼女は赤いドレスを着て、目立っています。)
Her dress is striking. (彼女のドレスは目立っています。/印象的です。)
Her dress is noticeable. (彼女のドレスは目立っています。/人目をひきます。)
He is a prominent tennis player. (彼は目立つテニスプレーヤーです。/優れたテニスプレーヤーです。)
That design is highlighted. (そのデザインは目立っています。/人気があります。)
He loves to attract attention. (彼は目立ちたがり屋です。/注目を集めるのが好きです。)
He is an attention-seeker. (彼は目立ちたがり屋です。/注目を集めようとします。)
He is always the center of attention. (彼は常に目立っています。/注目の的です。)
We can easily see a spot on a white shirt. (白いシャツについたシミは目立ちます。)

 

悪い意味で「目立つ」という場合の英語フレーズ

悪い意味で「目立つ」と英語でいう場合は、以下のようなフレーズを使います。

He is always showing off.  (彼は目立ちたがり屋です。/自慢ばかりしています。)
Her dress is too showy. (彼女のドレスは目立ちすぎています。/派手すぎます。)
He stands out in a bad way at school. (彼は学校で、悪い意味で目立っています。)
He sticks out in the class. (彼はクラスの中で目立っています。/クラスに溶け込めていません。)
He is notorious for telling lies. (彼は嘘つきで目立っています。/有名です。)

 

まとめ

英語で「目立つ」を表すときには、そのシチュエーションによって、使われるフレーズがさまざまであることがわかったのではないでしょうか。

日本語の「目立つ」は、良い意味で使う場合と、悪い意味で使う場合がありますが、これは英語にも同じことがいえます。したがって、日本語で「目立つ」と訳すからといって、まちがって悪い意味で使う英語のフレーズを使わないよう、くれぐれも注意しましょう。

english-banner