「思いやり」や「気遣い」の英語表現とビジネスでよく使うフレーズ


こんにちは、Kuniyoshiです。

あなたは、「思いやり」や「気遣い」「心配り」の英語表現をご存知ですか?

ビジネスでも「お気遣いありがとうございます」など、感謝するシーンではよく使うフレーズですよね。

ということで、今回は、「思いやり」や「気遣い」「心配り」の英語表現をご紹介したいと思います。

 

「思いやり」や「気遣い」「心配り」の英語表現

Considerate

日本語の「気遣い」や「思いやり」「心配り」に最も近い英語表現がこちらです。

「相手の気持ちや感情を汲み取っている」という意味になります。

行動について「considerate」を使うと、その行動が思いやりのある行動だった、という意味になります。

He is very considerate to the elderly people.「彼は高齢者に対してとても思いやりがある」
Thank you for being so considerate.「お気遣いありがとうございます」

こちらは、ビジネスでも使える、「お気遣いありがとうございます」という表現なので、是非使ってみて下さい。

 

Concern

文脈によって意味が少し変わりますが、「人に気遣い/心配をしている」という意味のある英語表現です。

名詞の場合は「関心がある」「懸念事項」「気遣い」、動詞の場合は「興味がある」「心配させる」「関係する」という意味があります。

You should concerned about her「彼女にもっと気遣ったほうがいいよ」

 

Be yourself

「気遣いしないで」と言いたい場合に使える英語表現です。

「自分らしくいる」という意味で、「人に気を使わなくていいよ」というニュアンスを伝えることができます。

I’m so exhausted because I can’t be myself「気を遣わないとといけなくて超疲れた」

「Can’t be myself」を直訳すると「自分らしくいられなかった」という英語表現で、「気を遣わないといけない」というニュアンスを伝えられます。

 

Thoughtful

「思いやり」という意味の英語表現で、「thought/思う」と「ful/多くの」の組み合わせからも、「思慮に富んでいる」という「思いやり」のニュアンスが含まれていることが分かります。

「thoughtful gift」で「思いやりのこもったプレゼント」、「thoughtful person」で「思いやりのある人」という意味になります。

I appreciate your thoughtfulness「お心遣い感謝いたします」

「thoughtfulness(名詞)」も会話でよく遣われる表現なので、覚えておくと良いでしょう。

He is thoughtful person「彼は思いやりのある人だ」

 

まとめ

いかがでしたか。

是非、今回ご紹介したフレーズや、表現をビジネスや日常会話で使ってみてください。

INPUTした表現は、すぐにOUTPUTして自分のものにしましょう!

 

english-banner