英語で契約を結ぶときに注意すべき単語! 関連フレーズ18選


英語で書かれた契約書を見たことがあるでしょうか?日本語でも契約書は難しいですので、見たこともない方にとっては大きな壁に感じるでしょう。しかし英語を使ってビジネスをすることを考えているなら、乗り越えなければならない壁ですね。

さらに、他社との取引をする上でも、お客さんとの間でも契約という言葉は必ず出てきます。そこで、契約に関する英語について説明いたします。

 

契約そのものを表す英単語の違い

契約そのものを表す英語は「contract」と「agreement」があります。まずはその英単語の違いを説明いたします。

「contract

「contract」は正式な契約に使われる英単語です。法的な拘束力があるようなしっかりとしたものに使います。「約定」「婚約」という意味もあります。

 

「(正式な)契約する」はどのように言うか

では、「contract」を使って「(正式な)契約する」というのはどのように表現するのでしょうか?

 

1.I wish to make a contract with you.

わたしはあなたと契約を結びたいです。

→「make a contract」はもっとも多く使われることが多い、「contract」を使って「(正式な)契約する」という表現です。覚えておきましょう。

 

2.I want to conclude the contract tomorrow.

わたしは明日には契約を締結させたい。

→「conclude」は「結論を出す」という自動詞の他、「完結させる」という他動詞があります。「conclude a contract」で「契約を締結させる」という意味になります。

 

3.We entered into a two-year contract with a German manufacture yesterday.

我が社は昨日ドイツのメーカーと2年契約を結んだ。

→「enter into a contract」も「契約を締結する」という意味で使われます。「enter into」に「~を始める」という意味があります。

 

4.It is difficult to know that a single click will lead to an offer to execute a contract.

ワンクリックが契約の申込であることを認識するのは難しいです。

→「execute」は「実行する」という意味の動詞です。「execute」の後ろに人を置くと「処刑する」「死刑を執行する」となるので要注意です。

 

「agreement

一方「agreement」は、正式な契約にも使われますが、単なる口約束のようなものや「合意」という意味で使われることもあります。

「agreement」を使って「契約をする」はどのように言うか

「agreement」を使って「契約をする」というのはどのように表現するのでしょうか?実は「contract」のときと使われる動詞は同じです。

5.We should make a consultant agreement.

我が社はコンサルタント契約を行なった方が良いです。

 

6.The necessity to conclude a license agree is not shown in advance.

ライセンス契約の必要性が事前に明示されていません。

→「necessity」は「必要性」です。「in advance」で「事前に」「前もって」です。

 

7.We would like to enter into an agreement with you.

我が社は御社と契約を結びたいです。

 

8.We will execute a partnership agreement with ABC today.

我が社は本日パートナーシップ契約をABC社と結ぶ予定です。

 

その他契約に関する英語表現

ここからはその他契約に関する英語表現を見ていきましょう。「契約を解除する」ときにはどのように言ったらよいのでしょうか?あるいは「契約を取って」きたときにはどのように言ったら良いのでしょうか?様々な表現を押さえておきましょう。

「contract」も「agreement」も使われる動詞は同じですので、入れ替えて使ってください。

Author Profile

シードくん
シードくん
ネクシードの広報担当。フィリピン・セブ島の魅力や、フィリピン留学の良さ、ネクシードでの留学生活の様子を伝えるのがお仕事。