英語の正しい発音の練習方法をご紹介!この手順なら間違いない。

英語の発音というと、日本人の英語学習者がかなり頭をなやませている部分ではないでしょうか。

ちなみに、この記事を書いている私も目下練習中です。

私の場合、日常会話レベルであれば現在英語話者と会話はできますが、それ以上が難しいのが現状。

基礎的な発音の部分がこれまでおろそかだったため、肝心な部分で通じなかったりと、意思の疎通に困ることもありました。そんなわけで、この記事では英語の発音練習方法を、科学的な見地のある方法から、私が現在取り組んでいて効果的だと感じた方法まで、まとめてご紹介します。

 

正しい発音の仕方を頭で理解しよう

まず初めに大事なのが正しい発音の仕方を頭で理解することです。小学生、中学生、高校生などまだ頭の柔らかいうちは、習うよりは慣れる、というやり方で、実際の英語話者の発音を真似するのもいいでしょう。

ですが、大学生、社会人と、ある程度年齢を重ねてからだと、あまり効率は良くありません。まずはしっかりと、英語の発音の仕組みを理解しましょう。そして正しい方法で繰り返し練習しましょう。それが一番の近道です。

 

英語圏の小学生は学んでいる フォニックス

おすすめはフォニックスと呼ばれている英語が母国語のアメリカやイギリスなどの国で小学生向けに教えられている発音ルールを学ぶ方法です。

英語発音が良くなるフォニックスとは?おすすめ無料学習アプリ&動画
フォニックスって聞いたことありますか?アブクドゥ読みというのはどうですか?どこかで聞いたことがあるような無いような・・・フォニックスは英語上達、特に読み書きをする上でとても役立つものです。またフォニックスを習えば発音がカタカナ英語にならない、という大きな利点もあります。実際に子供の英語教育では様々な媒体でこの学習方法が

このフォニックス、なぜか日本では教えられていません。

ですが、日本語で言えば、50音のような、言葉を学ぶためのなくてはならないものです。Youtubeなどで音声付きの動画がありますので、それを使って勉強するのがおすすめです。

 

フォニックスがわかったら、ネイティブの発音を真似する

これを頭で理解できるようになってから、まずは実際のネイティブの発話を見る、真似するという作業に移りましょう。ここでは微妙な口の動かし方や、舌の動かし方、体の使い方を見ましょう。

実は英語は腹式呼吸によって発音されている言語とも言われています。やたらに英語話者の声が大きいのはそのためです。そのため、正しい発音の仕方を身に着けるためには、単純に口の動かし方だけでなく、体の動かし方も理解し、真似し、身につけなくてはならないのです。

練習を始めるにはYoutubeが一番おすすめです。「english pronunciation」と検索すると、ネイティブの方がアルファベットにそって発音している動画が沢山見つかります。それを使って、どんな口の動かし方か、体の使い方か、音はどんな音か、という部分をしっかり見聞きしましょう。ある程度分かってきたら、発音練習に移りましょう。

スクリーンショット 2018-01-15 9.45.11

 

基本的な発音を身に着けるための練習方法

ある程度英語の発音の規則に関する理解ができましたでしょうか。できたら、実際の発音練習に移っていきましょう。まずは基本を身に着けるための練習方法です。

鏡とボイスレコーダーを使って発音練習

準備が大事です。鏡を用意しましょう。なぜ鏡が大事かというと、英語は口の動き方、舌の動かし方で音が変わります。それを実際に見て確認するためです。もう一つはボイスレコーダーです。これは自身の発音が正しいかどうかを確認するためのものです。

もう一つあるといいのがビデオカメラです。口の動かし方などを確認することができます。スマホにはレコーダーもビデオカメラもついていますので、スマホがあれば問題ないでしょう。