「忘れた」を英語で表現する時に使う10のフレーズ


みなさんは、「忘れた」を英語で表現する時、どんなフレーズを使っていますか?

例えば、「忘れた」にも、様々な状況があります。

物を忘れた、思い出を忘れた、ド忘れ、などを英語で表現する時、フレーズを使い分けられていますか?

今回は、様々なシチュエーションの「忘れた」を英語で表現する為のフレーズをご紹介します。

 

物を「忘れた」時に使える英語表現

何かを置き忘れた、忘れてきた、という時に使える英語表現をご紹介します。

Forget

物を何処かに忘れた、という場合に使えるフレーズです。

I forgot 〇〇.「〇〇を忘れた」

また、どこに忘れてきたか、ということを入れる場合は、「forget」という表現を使うことができません。

この場合は、「leave」を使って表現します。

I left my key at your home.「君の家に鍵を忘れてきちゃった」

 

 

記憶にない場合の「忘れた」の英語表現

思い出、記憶を「忘れた」場合の英語表現をご紹介します。

Forget

この場合も、「Forget」を使うことができます。

使い方は、「物を忘れた」の場合と同じです。

I completely forgot.「完全に忘れた」

 

slipped someone’s mind.「うっかりしてた」

うっかりして忘れていた、ど忘れなどの場合、この表現を使うことができます。

I slipped my mind.「ど忘れしてた」

 

I can’t remember.「思い出せない」

「remember」を否定するフレーズです。

また、「Can’t」を「Don’t」に入れ替えることで、「I don’t remember/覚えてないな」というニュアンスを表現できます。

 

I have no memory of~.「~の記憶がない」

こちらは、すっかり記憶が無い、飛んでいるというニュアンスの表現です。

I have no memory of the accident.「事故の時の記憶がない」

 

I have no recollection of~.「~を覚えていない」

覚えていない、思い出せない、というニュアンスの表現です。

I have no recollection of what happened.「なにが起きたのか覚えていない」

 

forgetting「忘れてた」

「忘れていたけど、思い出した」や、「忘れている」など、一時的な場合は、こちらで表現できます。

I’m forgetting my umbrella.「傘を忘れるところでした」

 

It doesn’t ring a bell「心当たりない/聞き覚えない/見覚えない」

よく使われるイディオムです。「Does it ring a bell?」で「心当たりある?」という表現ができます。

この表現は特に、人の名前や顔などを指すときに使われます。

 

My mind goes blank.「頭が真っ白になる」

忘れたどころじゃないですね。

 

まとめ

いかがでしたか?

意外と、沢山ある「忘れた」の英語表現。

是非、シチュエーションや、ニュアンスで使い分けてみてください。

 

NexSeedの英語留学、エンジニア留学について詳しく知りたい方はこちら
お気軽にお問い合わせください。