様々な場面で使える「苦手」の英語表現6選


「苦手」を英語で言えますか?

日本語の「苦手」という言葉、様々な場面で使える単語ですよね。

「スポーツが苦手」や、「甘いものが苦手」など、好き嫌いから、スキルの有無を表現するところまで、すべて「苦手」で済みます。

ですが、英語では、いくつか別々の表現を使い分けなければなりません。

ということで今回は、様々な場面で使える「苦手」の英語表現をご紹介します。

 

得意ではない、スキルがない「苦手」の英語表現

cab5756544b2f5e32b4c0074980038d7_s

not good at 〇〇

「〇〇することが苦手」という英語フレーズです。

例えば、計算が苦手、運動が苦手、など、特定の分野や、スキルが必要な物事に対して使われる英語表現です。

I’m not good at sports「スポーツは苦手なんだ」

I’m not good in English「英語が苦手」

「in」を使った場合は、その分野に対する自分のスキルが足りない、高くないことを意味します。

 

I’m not good with 〇〇

「〇〇の扱いが苦手」という場合には、「with」を使います。

I’m not good with PC「パソコン使うの苦手なんだよね」

今まで紹介した、「I’m not good at/in/with 〇〇」は、「not」を除けば、「〇〇が得意」というフレーズになります。

 

好き嫌いの「苦手」の英語表現