英語で「催促」したいときに使えるビジネス英語フレーズ10選


英語で「催促」したことありますか?

海外でビジネスしている方は、経験あるかと思いますが、日本人の時間感覚との違いから、催促の必要が出てくることがよくあります。

そんな時に使えるフレーズを今回はご紹介します。

 

催促したいときに使える英語フレーズ

直接言える催促フレーズ

Could you please remind △ to 〇 earlier?

「△に◯を早めにするように伝えてください」

△に催促したい人、◯にお願いしたい具体的な行動が入ります。(資料提出など)

「remind」で「思い出させる」という意味があり、催促する場面でよく使われる単語です。

 

Could you please update me on the 〇〇?

「〇〇について、追加の情報はありますか?」という意味のフレーズです。

「update」を促すことで表現できます。

 

Could you tell me what happened to the project?

「プロジェクトで何があった(進んでるか)教えてくれる?」という意味のフレーズです。

Happendはトラブルなどネガティブな印象に捉えがちですが、単純にアップデートを求める際にも使われます。

 

Please contact us about 〇〇 as soon as possible.

「〇〇の件で連絡ください」という意味のフレーズです。

「as soon as possible」は「ASAP」とよく略され、いわゆる「なる早」という意味の単語です。

 

 

メールで使える催促フレーズ

件名:Reminder

件名は、「Reminder」が定番です。

先述ですが、「思い出させる」という意味がある単語です。