【留学を検討中のみなさんへ】フィリピン留学のメリット・デメリットまとめ

IMG_1671 シードくん(綺麗)
こんにちは!NexSeed広報担当のシードです。
ちかごろ話題になっているフィリピン留学、なぜ話題になっているのか、気になりますよね。きっちり英語を学びたいなら欧米に留学する方がいいんじゃないの?と思ったりするかもしれません。

今回は、フィリピン留学のメリット・デメリットと、フィリピン留学に向いている人・向いていない人(フィリピン留学では物足りない)の特徴を紹介します。欧米への留学も検討している方は、そちらとの比較をしてみるのもいいですね!

 

フィリピン留学のメリット

フィリピン留学のメリットは主に次の3つです。

 

  • 費用が安い
  • マンツーマンレッスンが多い
  • 日本から近い

 

費用が安い

フィリピン留学最大の特徴は、費用が安いことです。欧米に1ヶ月留学しようとすると多くの場合60万円以上かかりますが、フィリピン留学の場合は30万円程度と約半分の費用で済みます。そのため、例えば1週間といった短期間の留学をして(NexSeedの場合は$750〜)感覚を確かめることもできます。セブパシフィック航空のLCCチケットを取得すれば片道の航空券を数千円で購入することも可能です。

また物価が安いため生活費用もあまりかからず(4万円もあれば充分です)、1万円弱で綺麗な海でへ行きアクティビティを楽しむこともできます。

 

マンツーマンレッスンが多い

フィリピン留学の魅力は「アウトプットをする機会に恵まれること」です。長時間のマンツーマンレッスンで、存分に英語を話し、スピーキング力を伸ばすことが可能です。これはグループレッスンの多い欧米圏にはない、フィリピン留学の利点です。

多くの日本人が英会話を苦手とする理由は、学校教育ではグラマーやライティングに費やす時間が多いことにあります。私たちにとってアウトプットをする機会に恵まれたフィリピン留学は優れた環境といえるでしょう。わからないことがあった場合もわかるまでとことん質問できます。初心者の人にとって、マンツーマンレッスンはとてもありがたい環境です。フィリピン留学の特徴については以下のサイトも参考になります。

俺のセブ島留学http://ceburyugaku.jp/13406/

 

日本から近い

日本から近いことも、フィリピン留学のメリットのひとつです。成田空港からセブ島への直行便は、約5時間で到着します。時差も少ないので、日本にいる家族や友達とも普段と同じような感覚で連絡がとれます。長期間(例えば6ヶ月など)の留学であればLCCの安いタイミングを狙って一時帰国することも可能です。

 

 

フィリピン留学のデメリット

フィリピン留学のデメリットは主に以下の3つです。

 

  • インプット学習を自分でしっかり行う必要がある
  • 治安の悪い場所もある
  • 街中で聞く英語はネイティヴではない

 

 

 

インプット学習を自分でしっかり行う必要がある

これはどこの国で留学するにも当てはまる話ではありますが、アウトプットを練習するだけでは上達に限界があります。自分で単語を調べたり、本を読むなどして、継続的にインプットとアウトプットのサイクルを繰り返すようにしましょう。

マンツーマンレッスンの中でTOEIC対策などを行うことも可能ですが、参考書を買って日本で勉強しているのとあまり変わらないですよね。フィリピン留学を選ぶのであれば、アウトプットする機会を存分に活かした学習をしましょう。

フィリピン留学の魅力、得意分野はスピーキングに特化したマンツーマンレッスンです。 会話をする中でリスニング能力も向上していくので、その点はTOEICなどの対策にも役立ちます。

治安の悪い場所もある

セブはフィリピンの中でも治安がかなり良い方ですが、日本のように便利で安全、というわけではありません。

ストリートチルドレンがいたり、スリが多発する場所があったりもします。「クラブに行ったらポケットに入れておいた財布を盗まれた」「夜道を一人で歩いていたら囲まれて財布を取られた」といった被害に遭った方もいます。

基本的には、夜中にひとりで出歩かない、貴重品はポケットに入れないなど、海外で滞在する時に基本的な対策を行うだけで、トラブルに遭う確率をぐっと減らすことができます。折角の海外留学、安全・快適に過ごすように最低限の対策はしておきましょう。

街中で聞く英語はネイティヴではない

アメリカに留学経験(1年)のあるスタッフに、フィリピン人の英語レベルの印象を聞いてみたところ、

「街にいる人の英語を比較すると、フィリピンの場合はピンキリで、学校に行っていた人(しっかりと勉強をしたひと)はとても上手な印象。やっぱりアメリカはネイティヴの国だから、たまには拙い英語を話す人はいても全体的なレベルが高い。」

とのことでした。

それでも日本にいるよりは、英語を話す機会が増えるのは間違いありません。ショッピングセンターの案内所にいる人など「英語を仕事として使う」人々は英語がとても上手です。四六時中ネイティヴな発音に囲まれたい方は、欧米に行く方が良いかもしれません。

 

 

フィリピン留学に向いている人

つぎの項目に当てはまる人はフィリピン留学に特に向いているかもしれません。

英語の初心者〜中級者

英語が全くの苦手で、話すのが恥ずかしいけどその壁を取っ払いたいという人はフィリピン留学に特に向いています。セブ島にいるフィリピン人の英語レベルは人によって大きく違います。しかし皆、臆することなく英語を話します。それを体感すると「恥ずかしがっていては上達しない」といった気持ちになり、とりあえず話してみようと前向きになれます。

語学留学を体験してみたい

フィリピン留学は費用が安いため、お試し留学をするのにも向いています。アメリカやヨーロッパで短期の留学をしようと考えると、高い航空券を支払って短期滞在ではお金と時間(そのお金を稼ぐのに費やした時間)がもったいないですね。

日本で勉強していたが続かなかった

日本で英語を勉強していたが使う機会(話す機会)が少なく途中でやめてしまったという人も、留学をすることで半強制的に勉強ができる環境になります。マンツーマンレッスンではアウトプットの機会がたくさんあるので、勉強したことをすぐに実践で使えます。

 

フィリピン留学に向いていない人

「向いていない」というとネガティブに聞こえるかもしれませんが、フィリピンに求める期待値や目指す英語レベルによってはフィリピン留学に合わない可能性もあります。

 

既に英語が堪能で目指すレベルの高い人

英語圏での留学経験者で、例えば「ネイティヴ話者と対等に話せるレベルまで上げたい」という高い目標をお持ちの方には物足りないかもしれません(全く意味がないわけではありませんが)。検討する際は、自分のレベルと目標を明確にして事前に語学学校の方とじっくり話し合うことをおすすめします。

 

かなり清潔好きな人、環境の変化にストレスを感じやすい人

フィリピンは発展途上国で、インフラ整備など日本と比べて劣る面が多くあります。日本での便利で清潔な暮らしに慣れている場合、驚きの連続でしょう。例えば1週間程度の短期留学では、生活に慣れるのに精一杯であまり勉強に集中できなかった...ということになる可能性があります。(ただし、ネクシードの寮やキャンパスは新築なので、かなり生活しやすいです)

 

まとめ

フィリピン留学は英会話の修得に効果的な手段の一つです。マンツーマンレッスンを実施している学校が多いため、これからスピーキングを伸ばしたい英語初心者には特に向いています。

たくさんのアウトプットができる環境に身を置き、話す力を伸ばしましょう! もちろんインプットも非常に大切です。英語で豊かな表現をするには、たくさんのインプットをして語彙を増やす必要があります。

フィリピン留学の上手な活用方法はインプットとアウトプットをひたすら繰り返すこと。授業中はひたすら話し、それ以外の時間でインプットをする。留学前に中学校レベルの文法と単語を復習しておくと、より「伸び」を実感できると思います。検討中の方に少しでもご参考になればと思います!

投稿者プロフィール

NexSeedメディア編集部
NexSeedメディア編集部
NexSeedメディア編集部です。英語学習について、フィリピン・セブ島の魅力、NexSeedでの留学生活などを伝えます!

記事に関するお問い合わせはこちらのメールアドレスにお願いします(・∀・)
ikuniyoshi(アットマーク)nexseed.net