「もしかして」の英語例文7選【使い分け方もご紹介します】

It’s just my guess,but~

「もしかして、〇〇かもしれない」という時に使える表現で、「当てずっぽうかもしれないんだけど、」というニュアンスのフレーズになります。

「my guess」は「勘」や「当てずっぽう」に近い表現です。

It’s just my guess,but I think he went off losing weight.「もしかして、彼ダイエットやめたのかもしれない」

 

I might be wrong,but~

「間違っているかもしれないけど、もしかして」という時に使える表現です。

「might be」は、「たぶん」の英語表現の時にもご紹介しましたよね。

「かもしれない」の英語表現11選【便利な曖昧表現を例文で覚える】

可能性は5割程度です。

I might be wrong,but I think you are Japanese?「間違ってるかもしれないけど、もしかして、君日本人?」

 

If I’m wrong I’m sorry.but~

「間違ってたらごめんなさい、もしかして、」という意味の英語表現です。

「Could it be」は少しフォーマル過ぎるかなぁ、という時は、このような、少し柔らかい表現を使うといいですよ!

If I’m wrong I’m sorry.but did you got fired?「間違ってたらごめんだけど、もしかしてクビになった?」

 

まとめ

いかがでしたか?

「could it be」などは、いかにも英語らしい表現ですよね!

日常会話でもよく使う表現だと思うので、是非、今回紹介した表現を使ってみて下さい。

NexSeedでは、プログラミングと英語を学べる「エンジニア留学」を提供しています。 プログラミングと英語、エンジニア/ IT留学に興味がある方は以下からチェック!

投稿者プロフィール

NexSeedメディア編集部
NexSeedメディア編集部
NexSeedメディア編集部です。英語学習について、フィリピン・セブ島の魅力、NexSeedでの留学生活などを伝えます!

記事に関するお問い合わせはこちらのメールアドレスにお願いします(・∀・)
ikuniyoshi(アットマーク)nexseed.net