子どもが世界に目を向けるきっかけを!教員留学

こんにちは!インターンの原田です。

NexSeedで年末年始に行われた教員留学。今回は参加者の藤乘 典子さんにインタビューを行いました。

中学校で英語教師として働く彼女が教員留学に参加した理由、そして留学で得たものについて聞いていきましょう。

よろしくお願いします!

藤乘 典子さん:教員歴10年。中学校で英語教師として勤務。英語を話す機会がなく英語力の低下を感じていたため参加を決意。今後は海外の日本人学校で勤務希望。

 

なぜ英語留学をご決断されたんですか?

今年でちょうど教員になって10年目なんです。研修などを受ける中で、英語で話す機会が減り実力も落ちてきていることを感じていました。そんな時にNexSeedの教員留学を知り、丁度いい機会だと思い留学を決めました。

また、今後海外の日本人学校で働きたいと思っているんです。そのためにはもっと英語力が必要なので!

ー海外の日本人学校で働きたいと思ったきっかけはあるんですか?

同僚の先生が3年間タイの日本人学校で働いていたんです。その話を聞いているうちに、自分も海外で生活しながら子供に英語を教えたいと思うようになりました。海外の学校で日本人の子供に授業し、現地でしか体験できないことをしたいです。

その後日本に戻った後、その経験を日本の子どもにも還元できたらいいなと思っています。

 

実際にNexSeedで英語の授業を受けてみて、いかがでしたか?

マンツーマンでの指導があるのはすごく魅力ですね。

日本では普段なかなかマンツーマンで英語を話す機会はないですし、英会話学校に通うのは時間的に厳しいです。

なので沢山英語をアウトプットできて勉強になりました。

ーグループレッスンはどうでしたか?

国の文化についてのディスカッションができ、とても興味深かったです。

また、先生から様々な文化の違いについて教えてもらいました。その中でもフィリピンの年越しの文化を体験できたことは凄く刺激的でした。日本では静かに過ごす感じですが、フィリピンは花火が上がりとても面白かったです。

文化の差を実際に感じれたことは本当にいい経験になりました。

ーフィリピン人の先生はいかがですか?

先生だからなのかフィリピンの方だからかはわからないけど、すごく話しやすいです。

わからないところがあっても色々教えてくれて、本当に温かいなと思いました。

ーセブ島での生活はいかがでしたか?

フィリピンは始めてだったので、正直なところ日本との違いに驚きましたね。特に水道やトイレの使い方は全く違いますし。以前行った台湾でも思いましたが、やっぱり日本って凄いなと思いました。

また、フィリピンに来る前、セブ島はリゾート地というイメージしかありませんでした。実際にリゾート地なのは間違いありませんが、少し街に出ると貧富や発展の差を感じます。ストリートチルドレンが多いことにもびっくりしました。

日本で常識と思っていることはここでは非常識になりますし、このあたりは実際に体験しないとわからないですね。

 

この留学の経験を教員として活かせそうですか?

グループレッスンから学んだ事、そして参考になることは多かったです。

授業の雰囲気の作り方、進行方法はとても参考になりましたし、新しいアイディアを得られました。

レクリエーションなどの引き出しがフィリピン人講師はとても多く、それって凄い大事だなと思いました。私が学生時代にやった文法ガッツリというより、今の学習方法は変わってきてますからね。

 

今回の留学の経験から、生徒さんに伝えたいことはありますか?

私自身子どもたちに海外へ興味を持ち、実際に行ってほしいと強く思ってます。

まずはフィリピンがどんな国かを伝えたいです。

子どもたちは日本しか知らない子が多いので、自分達がどれだけ恵まれているかを知ってほしいですね。

子どもが世界を目に向け文化の違いを知るためにも、今回の経験を通し伝えていきたいです。

 

最後に、英語を学びたい、留学に挑戦したみたいと思っている方へメッセージをお願いします。

日本ではどうしても中学卒業したら高校っていうのが当たり前ですが、選択肢のひつととしてフィリピン留学や様々な選択肢があるということを知ってほしいです。

選択肢の一つとしてフィリピン留学はオススメできます。