TOEICの点数ごとのレベルをまとめてみた。ネイティブ並になるには?

グローバル企業の入社条件の指標に使われたり、出世でも指標に使われているTOEIC。英語を使って仕事をする人にとってはTOEICはとても重要なものとなっています。

それだけでなく最近、TOEICは様々な場面で使われるようになっています。グローバル企業だけでなく就職活動をする学生、さらには大学の単位認定にまで使われているほどです。今後もTOEICを英語力の指標として使う機会は増えていくでしょう。

しかしここで1つ疑問ができます。TOEICは「英語のレベルを客観的に分かるよう数値(スコア)にしている」のですが、では「スコアは一体何を示している」のでしょうか?

そこで今回はTOEICスコアと、その他の英語の指標となるものをスコア別に徹底比較してみました。ぜひご覧ください。

 

そもそもTOEICとは?様々なテストが受けられます

ご存知の方も多いと思うので、簡単に説明します。TOEICには様々なテストがありますが、1番有名なものはTOEIC公開テストです。TOEIC公開テストはリスニングが100問(495点)、リーディングが100問(495点)からなる合計200問、990点満点のテストです。他はスピーキングとライティングの力を測るTOEIC SWテスト、また英語初心者向けの方向けのリーディングとリスニングからなるテストもあります。
また本記事は、リスニングとリーディングからなるTOEIC公開テストのスコアについての記事になります。

 

TOEIC公開テスト

学生から社会人まで、TOEIC公開テストを受験される方はたくさんいます。しかし、ただテストを受けるだけになっていないでしょうか?自分の目標とする英語力を定め、その目標を達成するための目安としてTOEICを受験された方がモチベーションも上がるのでオススメします!

過去のTOEICスコアをみて自分のスキルの確認をするも良し、今後のTOEICを受ける際の目標を決めるも良しです。点数別で一覧に致しましたのでご覧ください。

 

まだまだこれからの英語初級者

TOEICスコアが600点未満の方は、英語が苦手だと思います。就活や転職を考えている方は、600点以上は必須となってきているので、気合を入れて英語学習をしていきましょう。

 

300〜470点

TOEICスコアが300~470の方は、まだ英語アレルギーがあるかもしれません。まだ履歴書に書くのはヤメておきましょう!英語検定は3~4級レベルで、英会話も「何を喋っていいのかわからない」状態では?一人で海外旅行は厳しいかもしれません。

しかし、英語学習者なら誰しもが通る道です。「自分には英語の才能がない・・。」と思わず、自分のレベルにあった英語学習から始めるのがベストです。

 

470~600点

TOEICスコアが470~600の方は、TOEICを受験されているの平均スコアで、もっともスコアの人口密度が高いです。この辺りから英語の基礎ができてきており「なんとなく」英語がわかる方が増えてきます。

英語検定は準2~3級レベルで、英会話も「自分の知っていること」について伝えれるようになってきます。500点後半あたりからは、グローバル企業でなければ履歴書に書いても良いでしょう。

続きを読む

投稿者プロフィール

NexSeedメディア編集部
NexSeedメディア編集部
NexSeedメディア編集部です。英語学習について、フィリピン・セブ島の魅力、NexSeedでの留学生活などを伝えます!

記事に関するお問い合わせはこちらのメールアドレスにお願いします(・∀・)
ikuniyoshi(アットマーク)nexseed.net