独学で英語を上達させる5つのポイント


英語を勉強したいけれど、習いに行く時間もお金もない…、と悩んでいる人はいませんか? 英語学習というと、英語教室や英会話スクールに通わなければ習得できないと考える人もいますが、実は英語を上達させる秘訣は「独学」にあります。

何年も英会話スクールに通っていながら、なかなか英語を話せるようにならない人は、「独学」が足りないせいなのかもしれません。

今回は、独学で英語を学習する際のコツやポイントについてご紹介します。

 

「独学」するとはどういうことなのか?

独学は英語で“self-study”といいます。自分のために、自分の力で学ぶことが独学なのです。

英語を上達させるためには、独学が欠かせません。英語教室に通っていても、なかなか話せるようにならないのは、独学が不足しているためです。

普段から自宅で英語学習を進めて、知識や教養としてインプットしたものを、英語教室や英会話スクールでアウトプットすると、上達が早くなるでしょう。

 

「独学」で英語を学習する際のポイント

それでは、独学で英語を学習する場合、具体的にどのように進めたらよいのでしょうか。

リスニングが鍵になる

英語を話せるようになるには、最低1000時間のリスニングが必要になるといわれています。これは、毎日12時間英語を聞き続けたとして、3カ月ほどかかる計算になります。

赤ちゃんが母国語をとにかくたくさん聞き続けることで、自然と話せるようになることを考えると、語学を習得する上で、リスニングは欠かせないことがわかります。

リスニングのオススメ勉強法は、この記事でもまとめています。ぜひ読んでみて下さい。

勉強嫌いのあなたに!勉強嫌いの私が海外就職できた英語勉強法 | フィリピン・セブ島留学のススメ
今回は、机に向かって単語を覚えて…という英語勉強に嫌気が差してきたあなたにオススメしたい英語勉強法をご紹介したいと思います。 私自身、小中高と英語の勉強なんて、「よしっ!やろう」と気合をいれたことなんて一度もありません。ですが、今現在、高卒・新卒で海外就職を果たしました。(奇跡)

 

声に出す、マネをする

ネイティブスピーカーの発音や話し方をマネすることは、英語上達の近道になります。聞こえてきた英語を、そのまま口に出してリピートしてみましょう。この動作を「シャドーイング」といいます。

シャドーイングをすることで、単語の発音の仕方はもちろんのこと、英語のアクセントやリズム、文章の区切り方などが身に付きます。

英語をたくさん聞くことも大切ですが、実際に口に出していうことも、とても大切です。恥ずかしがらずに、どんどんシャドーイングをしてみましょう。

シャドーイングについては、この記事で詳しくまとめています。

英語の発音練習には”シャドーイング”がオススメ!とっても効率的な英語学習方法です。 | フィリピン・セブ島留学のススメ
初めは効果がなかったのですが、続けていくうちに長文がスラスラ読めるようになったり、リスニングがかなり聞き取れるようになりました。 そしてシャドーイングを始めて2年ほどで英語検定準1級を取得することができました。細かい話は省略しましたが、試験対策もせずシャドーイングのみで合格しました。